ビザ永住権に関するセミナー案内

ビザ永住権に関するセミナー案内
-------------------------------------------------------------------------------------------------
<以下案内です>
「アトランタ日本人研究者の会」の代表をしております大須賀です。本会では、トランプ政権下でのビザ・永住権の変更点に関するセミナーを開催いたします。本セミナーはオンライン上で無料公開いたします。今後、アメリカ留学や、留学中でビザ更新を考えている人は、ぜひご覧いただればと思います。アメリカビザに関する最新情報というのは、ネット上では限られたものしかなくて、実際困っている人がたくさんいます。多くの人に活用していただけると、主催者側としては大変に嬉しいです。
 
 トランプ政権は移民に関する制度に、大きな変更を加えようとしています。アメリカに留学する日本人学生や研究者の間にも、影響があるのではと不安が広がっています。そこで、今回は移民弁護士の大蔵昌枝先生に、トランプ政権下でのアメリカ移民法の変更点と、それに伴う日本人への影響について、最新情報を含めて解説していただきます。特に留学生や研究者に関連するビザ(J1, H1B, F1)・グリーンカードの情報を中心に解説していただきます。プレゼンの最後には質問の時間も設けますので、講演に関する質問や、それ以外のビザに関する質問も歓迎いたします。ビザに関するトラブルは、一発で留学継続が困難となることもあり、留学している人にとっては大変に重要なトピックです。この貴重な機会に、最新情報をフォローしてもらい、必要な対処をしていただきたいと思います。

タイトル:トランプ政権下での移民法の行方
講師:大蔵昌枝先生
日時:4月21日(金)午後7時〜9時 EST (日本時間4月22日(土)午前8時〜10時)
場所:オンラインもしくは、講演会場でご参加ください。
講演会場:Whitehead Biomedical Research Building Room 200, Emory University 
発表言語:日本語
参加費:無料
参加登録方法:以下のウェビナーの登録サイトで登録してください
http://openlegalcommunity.com/immigration_webinar/
 当日、リアルタイムでの視聴が難しい方は、事前登録さえしておいてもらえれば、のちほど録画版へのアクセス情報をお送りしますので、そちらを見ていただけたらと思います。また、このセミナーはオープンセミナーですので、アトランタ研究者の会以外の方で興味がありそうな方がいましたら、ぜひ情報共有をしてください。どなたでも大歓迎です。では、ご登録をお待ちしております。

BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

今回のUCSFセミナーでは、UCSF Department of Bioengineering and Therapeutic Sciencesに所属されている井上詞貴さんに「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」という演題でお話いただきます。

 井上詞貴さんは、UCSFにて、動物の発生過程や疾患に関わる遺伝子発現の制御機構について研究されています。この度、井上さんは、遺伝子発現制御領域を網羅的に解析する新たな手法を確立し、先日その研究成果を発表されました(Genome Res. 27, 38-52, (2017))。今回のセミナーでは、上述の手法を用いてヒトES細胞の神経分化を解析した研究について、未発表の成果およびこれからのゲノム科学についてお話いただく予定です。奮ってご参加ください。


演題名:「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」
(和文タイトル:超並列レポーターアッセイが紐解く神経分化のデフォルトメカニズム)
演者:井上詞貴 (Fumitaka Inoue, Ph.D.)
所属:Department of Bioengineering and Therapeutic Sciences, UCSF

日時:5月5日(金)午後6時開場、6時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回もスポンサードセミナーとなり、ニプロ株式会社様より食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は5月3日(水)までに鈴木 純二までお申し込みください。


会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
ゲノム上に点在するエンハンサー領域は、遺伝子の発現を時期組織特異的に制御し、その多型は個人差や病気の罹りやすさ、変異は発生異常や遺伝性疾患に関わる。しかしながら、エンハンサーの機能を大規模ハイスループットに解析することが困難であったために、その分子メカニズムの理解は遅れている。近年我々のグループは、レンチウイルスを用いた超並列レポーターアッセイ法 (Lentivirus-based massively parallel reporter assay: lentiMPRA)を確立し、数千から数万のエンハンサーの活性を1度の実験で解析することを可能とした。本研究はさらに、ヒトES細胞からの神経分化のメカニズム(デフォルトモデル)を明らかとするため、神経誘導を制御するエンハンサーをRNA-seq, ChIP-seq, ATAC-seqにより同定し、その活性をlentiMPRAにより解析した。本セミナーではその成果とゲノム科学の現在、展望について議論したい。

続きを読む

BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜】

4月27日(木)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Chemistryの小林 俊一さんに御講演いただきます。

小林 さんは2016年9月より、官民恊働留学支援機構 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの4期生としてUniversity of California Davis, Department of ChemistryにExchange Scholarとして所属され、そのプログラムの終了に伴い日本へ帰国されます。小林さんは昨年度の15th BAS Joint Seminarにてポスター発表して頂きましたが、今回は小林さんがこれまで日本で行ってきた研究の成果を更に詳しくお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計「シアノファクトリの開発」
講演者:小林 俊一(Shyunichi Kobayashi, Ph.D candidate.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis
東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻

日時:4月27日(木曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月27日(木)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
光合成能をもつ藍藻は、光、水、二酸化炭素からエネルギー生産を行えることからバイオ燃料生産ホストとして注目されている。私たちはこの藍藻を用いて、合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計を行い、バイオ燃料の生合成から物質の抽出までの一連のプロセスが人工的に制御される「シアノファクトリ」の開発を行っている。シアノファクトリでは光センシングインターフェイス分子を応用しており、光シグナルによる藍藻の凝集・溶菌といったプロセス制御が可能となる。本セミナーではこのシアノファクトリのコンセプト、メカニズムについて紹介する。

続きを読む

BAS主催UCSFセミナー 9月20日(火)午後7時〜

【 BAS主催UCSFセミナー 9月20日(火)午後7時〜 】

今回のUCSFセミナーではUCSFの駒野-井上清香さんに「State-dependent control of reproductive behavior(体内状態依存的な生殖行動の制御)」という演題でお話いただきます。

駒野さんは東京大学医学系研究科で、睡眠等の行動に伴う嗅覚神経回路の再編について研究し、学位を取得されました。現在はUCSFに留学中で、引き続き神経生理学の研究に従事されています。私達の脳内の神経回路が行動を制御する仕組みを明らかにするため、生殖行動に着目し、性ホルモンが作用する視床下部の神経回路がどのように生殖行動をコントロールするのかを研究されています。

今回、駒野さんの所属されている研究室(Nirao Shah lab)がUCSFからStanford Universityへ移動されることになりました。そこで、UCSFを離れる前にご自身の研究についてお話いただく予定です。是非ご参加ください。

演題名:「State-dependent control of reproductive behavior」
   (体内状態依存的な生殖行動の制御)

演者:駒野-井上 清香  (Sayaka Komano-Inoue)
所属:UCSF (10月よりStanford University)
日時:9月20日(火)午後6時30分開場、7時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Byers Hall, Room 215 (2階)
   1700 4th St, San Francisco, CA 94158
   いつも使用しているRoom N114とは部屋が異なりますのでご注意ください。
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は9月16日(金)までに戸田 聡までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
空腹時、私たちは積極的に食事を行いますが、満腹時には行いません。このように、私たちの行動は体内の状態によって変化します。体内の状態を表すものとしてホルモンが挙げられます。そして、行動のコントロールには脳内の神経回路の活動が深く関わっています。それでは、ホルモンは神経回路にどのように作用し、体内の状態に合わせて行動を変化させるのでしょうか。我々のグループでは、性ステロイドホルモンと、その受容体を持つ視床下部の神経回路に着目し、生殖行動をコントロールする神経回路ロジックの解明に取り組んでいます。本講演では、これまで私が行ってきた解剖学的・生理学的・行動学的解析をまとめ、今後の展望について議論を行いたいと考えています。

続きを読む

BAS x UJA合同企画、キャリアトーク

【BAS x UJA合同企画、キャリアトーク:リバネス社の場合 〜研究者として社会で活躍していくには?〜(3月19日(日)お昼開催)】

こんどの日曜日(19日)は、BAS x UJAの合同企画としてリバネス・アメリカ(Leave a NestAmerica Inc)社長の武田隆太さん (Ryuta Takeda, Ph.D.)をお招きして、「My adventure in the business field after hitting 30 years old」という演題でキャリアトークを開催いたします。

リバネスは、生命科学などの理工系大学院生が中心となって起業した、科学や研究に関するプラットフォームビジネスを主軸にする企業です(https://lne.st/about-us/)。 武田さんはオハイオ州立大学で病原体の分子構造についての研究でPhDを取得後にリバネスに入社、産学連携やリーダーシップ育成研修事業などを日本内外で推進されてきました。

今回のキャリアトークでは、ご自身の経験を交えながら、博士号を取得した人がどういう活躍をすることが可能なのか、リバネスの事業と他の大企業での事例を見ていて感じることなどについてお話いただく予定です。

今回は、お茶とお菓子をリバネスにご提供いただき、参加費無料となります。
奮ってご参加下さい。

準備の都合上、参加ご希望の方は「お名前」と「ご所属」を明記して、津久井宛にお申し込みください。

日時 :3月19日(日曜)14:00~16:00(開場は13:30)
参加費:無料(ただし、事前にお申し込みください)
会場 :UCSF Housing Community Room
  1523, 4th Street, San Francisco, CA 94158
  (Google map= https://goo.gl/maps/wFd9kdL3iwN2)
パーキング:4th Street上に幾つかパーキングロットがあります。UCSF内にもPublic parkingがあります($3.75/hr)


〜〜講演詳細〜〜

講演者:Ryuta Takeda, Ph.D. 武田 隆太;Leave a Nest America Inc. President
演題 :My adventure in the business field after hitting 30 years old
    『30歳からのビジネスのすゝめ -基礎理学者がビジネスしてみたー』
概要:
ずっとアカデミアでキャリアを積んできたけれど、ビジネスにも興味がある方向けに、Ph.D.取得後に30歳でキャリアスイッチをした講演者がその体験を共有します。産業界へ挑戦する上で、何に実際困ったのか。どんなことに他の博士取得者は悩んでいるのか。それらの課題をどうやって乗り越えてきたのか。自身の産業界転出1~2年目や、他の博士人材の事例を元にお話しします。大学院生や、ポスドクの方が「博士のキャリアは多様である」と気づくきっかけを提供します。

In my talk, I will share my experience in making career switch after getting Ph.D. Especially, what 30 year old guy, receiving Ph.D. in US, challenged and struggled to fine-tune the way of thinking from academic mode to industry one in Japan. It may help students and postdocs in science and engineering field to recognize how diverse their careers are. Also, I will tell some cases from my colleagues who jumped into the business after getting Ph.D.


講演者のご紹介:
武田隆太
米国オハイオ州立大学にて、病原体の三次構造の研究に従事し、Ph.D.取得。2011年、博士と修士のみで構成される株式会社リバネスに参画。入社以来、研究者向けの人材開発事業の統括を行い、現在はリバネスの海外事業に従事している。特に、研究シーズを元にしたベンチャー発掘・育成プログラム「TECH PLANTER」の海外展開の統括を行う。また、リバネス子会社のLeave a Nest America Incを通して、日本のベンチャーとアメリカのエコシステムの接続にチャレンジしている。

He received Ph.D. from The Ohio State University by investigation of structural property of a plant pathogen. In 2011, Ryuta joined Leave a Nest Co., Ltd., a unique company in Japan composed of Ph.D. and Masters. Since then, he has managed to develop HR training program to nurture communication skills for researchers in Japan. In recent years, he is responsible for international expansion of the company, especially technology based startup acceleration program called TECH PLANTER. He also runs Leave a Nest America Inc.,US branch of the Leave a Nest. In US, he is challenging to bridge Japanese startups and US ecosystem.

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード