UC Davisセミナー 9月10日(金) 講演要旨

地理的隔離による種分化の仕組み(ダーウィン的進化論)は、直感的に理解しやすく広く一般に受け入れられています.一方,地理的隔離によらない種分化の仕組みもいくつか提唱されていて、近年それらを支持する研究結果が増えてきています.

アメリカ北東部原産のサンザシミバエRhagoletis pomonellaは、同じ地域原産のサンザシの果実を餌とし,ほかの植物の果実は利用しません.ところが,19世紀半ば,このミバエの生息域の真只中で、海外から移入されたリンゴを餌としているサンザシミバエの集団が発見されました。そして,この発見が,その後140年にわたる同所的種分化の実例として議論を巻き起こしてきました.

このリンゴを宿主とする集団と、サンザシを宿主とする集団は、実験室的には交雑し、繁殖可能な子孫を残します。しかし、野外においてはほとんど交雑していないことが分かっています。すなわち、何らかの仕組みで二つの集団は生殖的に隔離されており,種へと分化している途上であると考えられています.この生殖隔離の仕組みを解明することは,本種の同所的種分化を理解する上で重要な鍵と考えられてきました.今回のセミナーではこれまで判明したことについて紹介したいと思います.

また、この機会を頂戴し、私どもの会社や直接関わっている事業に関しても少し説明させていただきたいと思います。

参考文献

S. Nojima, C. Linn Jr., W. Roelofs, Identification of Host Fruit Volatiles from Flowering Dogwood (Cornus florida ) Attractive to Dogwood-Origin Rhagoletis pomonella Flies. J. Chem. Ecol. 29: 2347-2357, 2003

S. Nojima; C. Linn Jr., B. Morris, A. Zhang, and W. Roelofs, Identification of host fruit volatiles from hawthorn (Cratageus spp.) attractive to hawthorn-origin Rhagoletis pomonella flies. J. Chem. Ecol. 29:321-336. 2003.

C. Linn, Jr., J. L. Feder, S. Nojima , H. R. Dambroski, S. H. Berlocher, and W. Roelofs, Fruit odor discrimination and sympatric host race formation in Rhagoletis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 100: 11490-11493. 2003

C. E. Linn, Jr., H. R. Dambroski, J. L. Feder, S. H. Berlocher, S. Nojima, and W. L. Roelofs, Postzygotic isolating factor in sympatric speciation in Rhagoletis flies: Reduced response of hybrids to parental host-fruit odors. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101: 17753-17758. 2004

C. Linn Jr., S. Nojima, and W. Roelofs, Antagonist effects of non-host fruit volatiles on discrimination of host fruit by Rhagoletis pomonella flies infesting apple (Malus pumila), hawthorn (Crataegus spp.), and flowering dogwood (Cornus florida). Ent. Exp. Appl. 114: 97-105 2005

C. E. Linn, Jr., H. Dambroski, S. Nojima, J. L. Feder, S. H. Berlocher, and W. L. Roelofs, Variability in Response Specificity of Apple, Hawthorn, and Flowering Dogwood-Infesting Rhagoletis Flies to Host Fruit Volatile Blends: Implications for Sympatric Host Shifts. Ent. Exp. Appl. 116: 55-64. 2005
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード