BASセミナーでビジネスシーズ発見!

2004、5年当時、UC Davisに所属されていた、塩尻氏(現京都大学)が、植物が傷をうけると匂いが放出され、その匂いは、さまざまな生物種(植物、害虫、害虫の天敵の行動)に影響を及ぼす、という研究成果をBASのセミナーで何度か口演されました。

塩尻氏が2004年12月のDavisでのBASセミナーで発表されたご研究は、当時BASの会員であった丸紅アメリカの松原氏(現在丸紅本社在籍)の目に留まり、匂い成分のみで 植食者の天敵を誘引して食害を低減・予防する技術を、従来の農薬の代替物にしようとビジネス化が進んでいます。この取組みは、日経新聞などで取り上げられた他、2009年 第9回バイオビジネスコンペJapanでは「優秀賞」と「協賛企業特別賞」を受賞しました。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード