FC2ブログ

BAS主催UCSFセミナー 8月24日(土)午後1時〜


【 BAS主催UCSFセミナー 8月24日(土)午後1時〜 】

8月24日(土)に開催のUCSFセミナーでは、UCSFの倉治竜太郎先生に「怪異の自然科学:医学および歯学的観点から覗き見る妖怪の世界」という演題でご講演いただきます。

倉治先生は、日本歯科大学生命歯科学講座と歯周病学講座にて、歯周病学分野の研究に従事され、2019年1月より客員研究員としてUCSF Kapila lab にいらっしゃいました。倉治先生は歯科医師、歯周病学研究者という表の顔を持つ傍ら、“妖怪博士”としての一面もお持ちで、民俗学をベースに医学や生物学などの科学的観点から妖怪について日々探究されています。そこで本講演では、自然科学の発展と妖怪文化との繋がりをご紹介いただくと共に、先生の医学・歯学的考察を交えた「妖怪学」における最新の研究成果についてご講演いただく予定です。講演の後に簡単な懇親会を予定しています。

本セミナーはライフサイエンスのトピックを中心に取り上げておりますが、今回は研究者の方だけでなく、ご家族やお子様にもお楽しみいただけるセミナーとなっております。また、懇親会も参加される皆様に楽しんでいただけるよう、十分な時間を設けておりますので、どうぞ奮ってご参加下さい!

=== === === セミナー詳細 === === ===
演題名:怪異の自然科学:医学および歯学的観点から覗き見る妖怪の世界
(Natural science on mysterious phenomena: world of Yōkai interpreted from medical and dental standpoint)

演者:倉治竜太郎 (Ryutaro Kuraji)
所属:日本歯科大学 生命歯科学講座・生命歯学部歯周病学講座併任
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 口腔顔面科学分野歯周病学教室

日時:8月24日(土)午後12時30分開場、午後1時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Housing Community room
   525 Nelson Rising Lane, Room 112, San Francisco, CA 94158

参加費:$5 (ご家族でお越しの場合は1家族あたり$5)。軽食を用意いたします。

=== ===

準備の都合上、参加希望の方は8月20日(火)までに古賀諭までお申し込みください。
会場の案内:今回のセミナー会場は、通常行っておりますMission Bay Campus Genentech Hallとは異なりますのでご注意ください。

演題概要:
一般に妖怪と聞けば、「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、子供に人気の「妖怪ウオッチ」など多様に造形化されたキャラクターを思い浮かべることと思う。赤面で鼻高く神通力を振るう “天狗” や、背中に背負った甲羅と頭頂の皿が特徴的な水棲の怪物 “河童” などは、今やその名を知らぬ者はいないだろう。しかし、「妖怪とはなにか?」と聞かれると、これを明確に定義することは容易でない。
古来、科学という概念が存在しなかった時代には、病気や災害などの自然現象が人々の生活を脅かす畏怖の対象となった。多くの研究者が説明しているように、「妖怪」とは、未知への恐怖が生み出した副産物として解釈される。すなわち、常識から外れた超常的事象や見たこともない生物に理屈をつけて、自らを納得させる材料にしていたわけで、妖怪は言わば、現代科学の代替としての役割を果たしていたと言える。一方で、江戸時代に入り、蘭学や博物学などの学問が体系化されると、人間が自然より上位の存在にあるという世界観の変容に伴って、妖怪のリアリティは次第に希薄化していった。人々の抱く妖怪像は、科学的思考との相互作用によりバラエティに富んだ進化を遂げ、小説や絵画、瓦版、芸能など様々なメディアを通じて大衆文化における娯楽ツールへと変化したのである。
演者が専門とする歯学分野についても、その例外ではない。二大歯科疾患である虫歯と歯周病や、歯の形態・萌出時期と歯列の異常、さらには歯黒染めのような習俗にまで、先人達は妖怪的な成分を見出し今日まで語り継いできた。19世紀後半に近代歯科医療の急速な発展を迎えるまでは、歯痛の治癒を願う民間信仰も数多く存在しており、それだけ当時を生きる人々にとって歯の病が辛いものであったことが推察できる。
本セミナーでは、これら妖怪の自然科学的側面について、医学史や民俗学の関連資料に基づく学際的な知見を整理し解説すると共に、近年演者が得た新たな研究成果についても報告する。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar (略称: BAS)は、生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています。
(アルファベット順)
 
メーリングリスト登録
登録して頂きますと、当会のセミナーやイベント情報などをメールでご案内いたします。
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード