FC2ブログ

BAS新春セミナーのお知らせ


【BAS新春セミナーのお知らせ 4月20日(来週土曜日)正午~】

近年、再生医療に関するニュースを多く耳にするようになりました。この新たな医療への期待が高まると同時に、実際のところどの程度研究が進んでいて臨床に用いられるまでにどの程度近づいているのか、専門外の人達にとってはイメージしにくいかも知れません。

今回の新春セミナーでは、世界的トップランナーとして再生医療の分野を牽引されているスタンフォード大学の中内 啓光 先生 (Hiromitsu Nakauchi, Professor of Genetics)に『幹細胞研究から臨床へのトランスレーションを目指して』という演題で御講演いただきます。中内先生は新しい治療法の開発や難病の病態解明といった臨床医学への応用を睨みながら基礎研究を進められ、これまで数多くの素晴らしい成果を挙げられて来られました。「大型動物の体内でヒト臓器の再生を」というフレーズを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。普段はあまり「再生医療」と縁がない人達にとっても、きっと興味深いお話になると思います。
奮ってご参加下さい!

講演後には懇親会も企画しています。交流の輪を広げ、ベイエリアで研究・仕事をされている方達と親睦を深める良い機会ですので、こちらにも是非ご参加ください!!

【参加申し込み方法】
終了しました。
多数のご参加、ありがとうございました。

****************************************
日時:4月20日(土曜日)
   11:30 開場、12:00 講演開始、13:00 頃より懇親会開催(-15:00 頃まで)

場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall
600 16th St, San Francisco, CA 94158
   (Google map= https://goo.gl/maps/GX4pcz6mmiN2)
   講演:1階 N114教室、懇親会:2階アトリウム

講演者:中内 啓光 先生 (Hiromitsu Nakauchi, M.D., Ph.D.)(1, 2)
(1) Institute of Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Stanford University School of Medicine
(2) Division of Stem Cell Therapy, Distinguished Professor Unit, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo

演題:「幹細胞研究から臨床へのトランスレーションを目指して ~Translating Stem Cell Research: Challenges at the front line~」
   (講演要旨は下をご参照下さい)

参加費:$10(懇親会費込み。当日開場でお支払い下さい。学生は無料)
    *今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。

会場の案内:
建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
入館手続きの際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。
****************************************

【講演要旨】
私の研究室では、免疫学、分子生物学、細胞生物学、発生工学など、基礎科学の知識や方法論を臨床医学と結びつけることにより、新しい病気の発見、病態の解明、治療法の開発など、先端医療の確立に貢献することを最終的な目標としています。 現在は幹細胞を用いた新しい医療の確立を目指して日米で研究を続けています。本講演ではその現状をご紹介するとともに、 大学における日米の研究体制の違いなどについてディスカッションできればと思います。

Lab URL: http://med.stanford.edu/nakauchilab.html

最近の論文:
1. Wilkinson A., and Ishida R., et al. (2019) . Long-term ex vivo hematopoietic stem cell expansion affords nonconditioned transplantation. Nature. (in press).
2. Goto T., et al. (2019). Generation of pluripotent stem cell-derived mouse kidneys in Sall1-targeted anephric rats. Nat Commun. 10(1):451. “PMID”: 30723213
3. Mizuno, N, et al. (2018). Intra-embryo Gene Cassette Knockin by CRISPR/Cas9-Mediated Genome Editing with Adeno-Associated Viral Vector. iScience. 9:286-297. “PMID”: 30447647
4. Yamamoto, R., Wilkinson, AC., Nakauchi, H. (2018). Changing concepts in hematopoietic stem cells. Science. 362:895-896. “PMID”: 30467158
5. Tadokoro, Y., et al. (2018). Spred 1 safeguards hematopoietic homeostasis against diet-induced systemic stress. Cell Stem Cell. 22:713-725. “PMID”: 29706577
6. Yamamoto, R., et al. (2018). Large-Scale Clonal Analysis Resolves Aging of the Mouse Hematopoietic Stem Cell Compartment. Cell Stem Cell 22:600-607 e604."PMID": 29625072.
7. Yamaguchi, T., and Sato, H., et al. (2017). Interspecies organogenesis generates autologous functional islets. Nature. 542:191-196. "PMID": 28117444.
8. Taya, Y., et al. (2016). Depleting dietary valine permits nonmyeloablative mouse hematopoietic stem cell transplantation. Science. 354:1152-1155. "PMID": 27934766.
9. Masaki, H., et al. (2016). Inhibition of Apoptosis Overcomes Stage-Related Compatibility Barriers to Chimera Formation in Mouse Embryos. Cell Stem Cell. 19:587-592. "PMID": 27814480.


【セミナー開催報告】
4月20日(土)に開催した新春セミナーでは、スタンフォード大学教授の中内啓光 先生をお招きして『幹細胞研究から臨床へのトランスレーションを目指して』という御演題でお話し頂きました。
移植治療が直面するドナー不足や移植臓器が定着しない等の問題について先生がどのように解決を目指されているのか、異種動物内での臓器の作成や造血幹細胞の体外増殖、さらにはiPS技術を用いて患者自身の免疫細胞を増やして輸血する手法の開発など幅広い取り組みについてお話しくださり、移植医療の大きな進歩が期待される御講演でした。さらには、近年の日本とアメリカ各々の科学界がもつ問題点についても分かりやすく解説して頂きました。
あらためまして、貴重なお時間を割いて御講演くださった中内先生にお礼申し上げます。

今回は総勢46人の方々にご参加頂き、懇親会も大変盛況となりました。また、スポンサーとしてニプロ株式会社様より食事の一部をご提供頂きました。この場をお借りして皆様にお礼申し上げます。

DSC00238.jpg

DSC00236.jpg

DSC00244.jpg


その他の写真はコチラからご覧になれます。
https://photos.app.goo.gl/zpjht8S4pMiUS5QK7
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード