FC2ブログ

BAS主催UCSFセミナー 10月5日(金)午後6時45分〜


【 BAS主催UCSFセミナー 10月5日(金)午後6時45分〜 】

 10月5日(金)に開催のUCSFセミナーでは、東京工業大学・科学技術創成研究院・細胞制御工学研究センター教授の木村 宏 先生に「転写とヒストン修飾の生細胞ダイナミクス」という演題でご講演頂きます。
 木村先生は、細胞内でDNAを巻き取っているヒストンタンパク質やDNA情報を読み出すRNAポリメラーゼがどのような仕組みで遺伝子発現をコントロールしているのか、これらのタンパク質の翻訳後修飾に注目して長年研究されてきました。近年は、修飾の変化を生きた細胞内でリアルタイムに可視化する手法を開発し、細胞分化やガン細胞における動態を更に詳しく調べられています(研究室のWEBサイト: http://kimura-lab.bio.titech.ac.jp/research.html)。また、今年度から発足した新学術領域研究「遺伝子制御の基盤となるクロマチンポテンシャル」の領域代表も務められています。
今回、学会でベイエリアを訪れられるということで、お忙しいスケジュールの中ご講演頂けることになりました。どうぞ奮ってご参加下さい!

< スタンフォード大学構内での視聴について >
新しい試みとして、Life Science in Japanese (LSJ)の会場とネットで繋ぎ、スタンフォード大学構内でもセミナーを視聴できるよう準備しています。
詳細が決まり次第アップデートいたします。

=== セミナー詳細 ===
演題名:「転写とヒストン修飾の生細胞ダイナミクス」
(英文タイトル:Dynamics of transcription and histone modifications in living cells)
演者:木村 宏 (Hiroshi Kimura, Ph.D., Professor)
所属: 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター 
日時:10月5日(金)午後6時15分開場、午後6時45分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は10月2日(火)までに、お名前とご所属を記して、城戸までメールでお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
入館手続きの際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

[ LSJ、Stanford satellite会場 ]
時間:同上
場所:Stanford University, 部屋については後日アップデートいたします。

講演要旨:
 真核生物のDNAは、クロマチン構造を形成して存在している。クロマチンの主要な蛋白質であるヒストンの翻訳後修飾は、遺伝子発現状態の維持(エピジェネティクス制御)に重要な役割を果たしている一方で、発生や分化、細胞周期、外部刺激などに応じてダイナミックに変化する。我々は、発生・分化や刺激に応答した遺伝子発現制御機構の理解に向けて、生細胞解析を中心に研究を進めている。
 ヒストンやRNAポリメラーゼIIの翻訳後修飾を生きた細胞で検出するため、それらの修飾に特異的なモノクローナル抗体を作製し、抗体由来の蛍光標識抗原結合断片や遺伝子コード型プローブを開発した。特に、遺伝子コード型のプローブは生体内での解析や長時間の解析に有用である。これらの生細胞内修飾可視化プローブを用いて、転写活性化に伴うクロマチン修飾動態の解析を行ってきた。具体的には、(1)ステロイド系ホルモンによる標的遺伝子アレイの活性化、(2)熱ショックストレスによるサテライト遺伝子からの非コードRNAの転写活性化、(3)胚性ゲノム活性化の際のヒストン修飾の変化を計測した結果、いずれの場合もH3のアセチル化が転写活性化に重要であることが示唆された。一方、遺伝子発現の抑制に関しては、X染色体の不活性化に伴うクロマチン構造変化を追跡している。また、生細胞解析とエピゲノム解析を融合させるために、イメージングした少数の細胞のエピゲノム情報を取得する方法の開発を進めている。本セミナーでは、これら生細胞解析から明らかとなった最新の知見を踏まえて、クロマチン構造を介した遺伝子発現制御の仕組みについて議論したい。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード