FC2ブログ

BAS主催 UCDセミナー 6月29日(金)18時30分 開催のご案内


【BAS主催UCDセミナー 6月29日(金)午後6時30分〜】

6月29日(金)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Genome Centerの殿崎薫さんに御講演いただきます。

殿崎さんは2014年3月より、東北大学で博士号取得の後、同年4月より横浜市立大学・木原生物学研究所でポスドクとして研究を行い,2017年10月から学振PDとしてUCDのGenome Centerで研究を行っています。今回は殿崎さんがこれまで日本で行ってきた研究の成果を更に詳しくお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「被子植物の栄養をめぐるオスゲノムとメスゲノムのせめぎ合い」
英題:「The parental conflict over the nutrient allocation in endosperm」
講演者:殿崎 薫 (Kaoru Tonosaki, Ph.D )
所属:Genome and Biomedical Sciences Facility,UCDのGenome Center
横浜市立大学・木原生物学研究所

日時:6月29日(金曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は6月28日(木)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
被子植物では、二つある精細胞のうち,片方が卵細胞と受精し胚を形成するのに対して、もう一方は、補助的な役割を果たす中央細胞と受精して胚乳をつくる。胚は、発芽後に植物体を形作るが、胚乳は哺乳動物の胎盤と同様に胚への栄養供給を担っており、その役割を終えると退化してしまう。しかしながら,この胚乳組織において栄養をめぐるオス由来のゲノムと、メス由来のゲノムのせめぎ合いが顕著に観察される。
同一植物種内の交雑では、オスゲノムと、メスゲノムのバランスが保たれており、正しく胚乳が発生し種子形成が進行する。一方で、種間交雑や、異なる倍数性をもつ植物体間の交雑(倍数体間交雑)を行うと,両者のバランスが乱れ,胚乳発生の異常が観察される.このような胚乳発生の異常は,多くの場合,種子に致死性が現れるため,雑種形成を妨げる“種の障壁”として機能している.胚乳で見られる種の障壁は、エピジェネティックな制御によりオス由来とメス由来のゲノムに機能差を与えるゲノムインプリンティングがその中心的な役割を担うと考えられているが、その全体像は未だ不明瞭である。これまで,イネを材料に,種間交雑と倍数体間交雑をモデルにエピジェネティックな種の障壁の実体を明らかにすることを目的として研究を行ってきた。今回のセミナーでは、母親組織から胚乳への栄養配分を巡って、オス由来とメス由来のゲノムがせめぎ合う様と,それによって引き起こされる種の障壁のメカニズムの一端を紹介する.


【セミナー開催報告】
今回のセミナーには6名(講演者と学生2名を含む)が参加されました。
胚乳形成のメカニズムを細かく説明いただき、母親組織から胚乳への栄養配分を巡って、オス由来とメス由来のゲノムのせめぎあいにより、その形質や胚乳の量などに違いが出ることを説明いただいた。この基礎メカニズムの解明は植物の発生学に大きく貢献するとともに、将来、コメをめぐる食糧問題の一環として、より栄養価が高くおいしいお米の作成に貢献しさらなる成果が求められるとても有意義なセミナーでした。

IMG_9260.jpg

IMG_9261b.jpg

IMG_9256.jpg
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード