FC2ブログ

他団体からのお知らせ


(1)JBC フォーラム:ビザ・グリーンカード最新動向 の案内(2月25日)

アメリカでの就労に必ず必要となるビザ。昨今の移民政策により、その取得プロセスも影響を受けています。今回はH1Bビザとグリーンカードに焦点を当て、API法律事務所のYan Li先生に概要、最新動向及び取得の際の注意点についてお話しいただきます(日本語)。スペースの都合上先着20名に参加を限らせていただきますので、早目のお申し込みをお願い致します。当日は軽食を用意します。

講演スケジュールやお申し込み方法など、詳細は下のリンクからご覧ください:
http://www.jbcbio.org/2018/01/jbc.html



(2)言語学ワークショップの案内(3月17日)

サンフランシスコ州立大学では、3月17日に言語学ワークショップを開催します。このワークショップは、神戸大学名誉教授、現在はライス大学教授の柴谷方良先生が関与していらっしゃる大阪大学・国際研究協力促進支援プロジェクトの一環で、さらに国立国語研究所の名詞修飾構文研究プロジェクトとの共同開催でもあります。一昨年は ライス大学で、昨年は UCLAカリフォルニア大学ロサンゼルス校 応用言語学教授の岩崎勝一先生がホスト役をお務めになりました。今回は、サンフランシスコ州立大学の南雅彦がホストを務めます。以下のサイトから無料登録していただけます。

https://www.eventbrite.com/e/international-workshop-nominalization-and-noun-modification-tickets-42771716355



(3)米国大学院学生会からのお知らせ

ニュースレター最新号(第36号)が、以下のリンクよりダウンロードできるようになっております。
http://gakuiryugaku.net/newsletter

一口に留学といってもその内容は様々です。
今回はビジネス、気象、デザイン、生物、多彩な分野の執筆者の方々から寄稿いただきました。
動機も今回は多彩です、憧れの先生の授業を直接受けてみたい、災害を未然に防ぎたい、自分の学びたい分野が海外で盛んだ!
それぞれの執筆者のそれぞれのドラマをお楽しみください。

==内容==
2018年1月(第三十六)号
- 寄稿: MBA留学から10年−ハーバードが与えてくれたもの (桑島 浩彰)
- 寄稿: 悲惨な被災地をもう見たくない 〜気象学分野での学位留学〜 (南出 将志)
- 寄稿: 英国王立藝術大学院デザイン研究科への留学の話 (三好 賢聖)
- 連載: 留学進行中(2) 〜大学院 Cooking Co-op編〜 (石原 圭祐)

ニュースレター班一同
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar (略称: BAS)は、生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています。
(アルファベット順)
 
メーリングリスト登録
登録して頂きますと、当会のセミナーやイベント情報などをメールでご案内いたします。
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード