BAS主催 UC Davis セミナー 5月12日(金曜日)18時30分 開催のご案内


【BAS主催 UC Davis セミナー 5月12日(金曜日)18時30分〜】

今回の、UCDセミナーでは、東北大学大学院医工学研究科からスタンフォード大学のByers Center for Biodesignに留学されています。瀧 宏文さんにご講演いただきます 瀧さんは、医師免許取得後、バイオエンジニアリングの道に進まれるというユニークな経歴をお持ちです。
講演では、ご自身が研究されてきたレーダー技術の医療機器開発に加え、日本の大学が産業界
とともに行う、医療機器のイノベーションリーダーを育成するジャパン・バイオデザインについてもお話しいただきます。
この貴重なお話しが聴ける機会に、皆さま、奮ってご参加下さい!

題名:「医療機器開発と次世代イノベーターの育成:ジャパン・バイオデザインによる人材育成プログラムと、レーダー技術の医療機器開発への応用」
   Health technology innovation and human resource development: nurturing of human resource in Japan Biodesign and medical device innovation using Radar techniques
演者:瀧 宏文(Hirofumi Taki, Ph.D., M.D.)
所属:Byers Center for Biodesign, Stanford University
   東北大学大学院医工学研究科

日時:5月12日(金曜日)18時00分開場、18時30分講演開始
場所:UC Davis Plant Reproductive Biology Building Conference Room, Davis, CA 95616
   https://goo.gl/maps/wxLum4AQh5P2
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)までお電話ください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加ご希望の方は5月11日(木曜日)までに UC Davis BAS までお申し込み下さい。

演題要旨:
スタンフォード・バイオデザインは、デザイン思考をもとにした医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムとして2001年に開始した。ジャパン・バイオデザインプログラムは、スタンフォード・バイオデザインで指導者研修を受けた各大学・産業界の講師が担当し、約1年で医療現場のニーズを出発点とする試作品を開発するだけでなく、開発の初期から事業化の視点で検証しイノベーションを生み出すことを特徴としている。本セミナーでは本プログラムを紹介するとともに、レーダー・携帯電話通信技術として実用化されている適応型ビームフォーミングを応用した、医用超音波イメージングの超高解像度化について概説する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー開催報告】
5月12日のUC Davisセミナーでは、瀧 宏文さんにご講演いただきました。
講演者と学生2名を含む総勢8人が参加くださいました。

あらためまして、貴重なお時間を割いて御講演くださった瀧 宏文さんにお礼申しあげます。

IMG_6243.jpg

IMG_6242.jpg

IMG_6241.jpg

IMG_7026.jpg



ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード