BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜】

4月27日(木)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Chemistryの小林 俊一さんに御講演いただきます。

小林 さんは2016年9月より、官民恊働留学支援機構 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの4期生としてUniversity of California Davis, Department of ChemistryにExchange Scholarとして所属され、そのプログラムの終了に伴い日本へ帰国されます。小林さんは昨年度の15th BAS Joint Seminarにてポスター発表して頂きましたが、今回は小林さんがこれまで日本で行ってきた研究の成果を更に詳しくお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計「シアノファクトリの開発」
講演者:小林 俊一(Shyunichi Kobayashi, Ph.D candidate.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis
東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻

日時:4月27日(木曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月27日(木)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
光合成能をもつ藍藻は、光、水、二酸化炭素からエネルギー生産を行えることからバイオ燃料生産ホストとして注目されている。私たちはこの藍藻を用いて、合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計を行い、バイオ燃料の生合成から物質の抽出までの一連のプロセスが人工的に制御される「シアノファクトリ」の開発を行っている。シアノファクトリでは光センシングインターフェイス分子を応用しており、光シグナルによる藍藻の凝集・溶菌といったプロセス制御が可能となる。本セミナーではこのシアノファクトリのコンセプト、メカニズムについて紹介する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4/27/2017 UC Davis セミナー報告

4月27日、UC Davisにて、Department of Chemistry, UCD (東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻 )の小林 俊一さんをお招きして、“合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計「シアノファクトリの開発」”という演題でセミナーが開かれました。
演者、大学院生(3人)を含む、本会場には7人、またskypeにて1人、総勢8人の参加でした。
本セミナーでは、これまでのご自身の研究を中心に、シアノバクテリアを用いたバイオ燃料関連化合物生産から回収までの一連のプロセスが光によって制御されるシアノファクトリについて御紹介いただきました。シアノファクトリでは、光によって特定の遺伝子発現を制御することのできる光センシングシステムがバイオプロセス制御に応用されており、これまでに、光センシングシステムによって菌体の凝集や溶菌に関与する遺伝子発現を制御し、シアノバクテリアの回収や生産物の抽出を行うための技術がどのように開発されてきたかを学びました。今回も、少人数の中で行われたセミナーでしたが、セミナー中は多くの質問が飛び交い、シアノバクテリアにおけるバイオ燃料関連化合物の生産や回収方法に関する課題・解決方法について活発な議論がなされました。
今後の研究の発展を祈念しております。

Davis幹事一同

IMG_6835.jpg
IMG_6838.jpg
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード