BAS主催UCDセミナー 4月7日(金)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月7日(金)午後6時30分〜】

4月7日(金)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Physiology and Membrane Biology の古谷和春さんに御講演いただきます。

古谷さんは2017年冬、大阪大学 大学院医学系研究科 分子細胞薬理学教室よりUCD, Department of Physiology and Membrane Biologyへこられました。今回は古谷さんがこれまで日本で得られた研究の成果をお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「心臓に影響を及ぼす薬物の作用を我々はどのように理解し予測すれば良いか
−抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用:分子機序と不整脈治療における意義−」
講演者:古谷 和春(Kazuharu Furutani, Ph.D.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis

日時:4月7日(金曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。
 
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月7日(金)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら! 

(Abstract)
電位依存性K+チャネルであるhERGチャネルを阻害する薬物は、心室筋細胞のIKr電流を抑制し活動電位持続時間を延長することから、抗不整脈作用と薬物性催不整脈リスクの両面から関心が持たれている。第Ⅲ群抗不整脈薬に分類されるamiodaroneやnifekalantはhERGチャネルを阻害することが知られているが、近年、それらの薬物はそのチャネルの膜電位による開口を起りやすくし、活性化閾値付近の膜電位では電流を増加させる作用(ファシリテーション作用)を併せ持つことが分かってきた。本セミナーでは、抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用の分子機序を説明し、それらの不整脈治療における意義について議論したいと思う。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード