BAS主催 UCDセミナー 2月19日(金曜日)午後6時30分

BAS主催 UCDセミナー 2月19日(金曜日)午後6時30分

2016年、第二回目のBAS主催 UCDセミナーです。Department of Plant Biologyの野末 一成さん(Ph.D)に,“R/Bioconductorを使った大規模データの料理法—再現性と公共性を目指してー”という演題でお話しいただきます。


野末一成さんに, 本セミナーで、野末がこれまで得られたデータを中心に、R/Bioconductorを用いて大規模なデータどのように解析していくかなどを解説いただきます。


セミナーの後、懇親会もありますので、ぜひご参加ください。

演題:

【R/Bioconductorを使った大規模データの料理法—再現性と公共性を目指してー】


講演者:野末 一成 (Kazunari Nozue Ph.D.)

所属:University of California, Davis, Department of Plant Biology


私は、これまでに植物の成長リズムの解析、トランスクリプトーム解析、突然変異体の網羅的表現系解析などを通じて、比較的大規模なデータを無料のR/Bioconductorを用いて解析してきた。 一旦、Rスクリプトを書いてしまえば、アップデートした実験データをもとにした解析結果が即座に得られるので、大規模な実験を行いながら、同時にその結果を解析して次の実験の計画を練るなど、エクセルでは不可能な迅速で正確なデータ解析が可能になる。今回は、私の仕事でのR/bioconductorの使用例を用いて、R/Bioconductorの長所と短所、そしてソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスであるGithubを用いた誰でも検証可能な実験解析の公開についても議論したい(Nozue (2015) PLoS Genetics 11(4): e1004953参照)。


日時:

2月19日(金)18:00 開場 => 18:30 講演開始


場所:Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room

建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。


参加費:

$5(軽食を用意します)、学生無料


申し込み:2月18日までに、村田まで連絡願います。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード