BAS主催 UC Davisセミナー 3月23日(月曜日)午後六時

今回のセミナーは東京大学助教の植村知博博士に植物の小胞輸送についてお話いただきます。細胞内小胞輸送は植物の成長や環境応答に重要な役割を果たします。植村さんの研究グループは植物の小胞輸送の分野で世界を牽引する研究成果を次々と報告されてきました。小胞輸送のハブといわれているトランスゴルジネットワーク(TGN)ですが、特にストレス応答との関わりに注目した内容とのこと。また、イメージングにおいても最先端の技術を常に革新しており、分野を問わず興味深いお話が聞けそうです。

日時:3月23日(月曜日)午後5時半開場、講演6時開始
場所:Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
(http://campusmap.ucdavis.edu/?b=118)
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ田嶋(530-574-3913)まで電話をください。

参加費:$5(飲み物、軽食込み)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は前日までに田嶋までご連絡ください。

植村 知博 博士
Tomohiro Uemura, PhD

東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教
Department of Biological Sciences, Graduate School of Science, University of Tokyo

The physiological functions and dynamics of trans-Golgi network (TGN) in plants

【要旨】
In all eukaryotic cells, the post-Golgi organelles, such as the trans-Golgi network (TGN), endosomes, vacuoles, and the plasma membrane, are connected by a network of membrane traffic. The TGN is required for protein transport at the post-Golgi network and functions as a sorting station that directs cargo proteins to a variety of post-Golgi compartments. Initially, the TGN was defined as a specialized compartment on the most trans-side of the Golgi apparatus that is responsible for delivering proteins to the post-Golgi network. However, the knowledge about the TGN in plants is still limited. To elucidate the dynamics of plant TGN, we established transgenic plants expressing GFP-SYP43, the ortholog of Tlg2/syntaxin16, which is localized to the TGN in yeast and mammalian cells, under the control of the native promoter as a TGN marker. Observation by confocal laser scanning microscopy and super-resolution confocal live imaging microscopy revealed two types of TGN in Arabidopsis root: the GA-TGN (Golgi-associated TGN), located on the trans-side of the Golgi apparatus, and the GI-TGN (Golgi-released independent TGN), located away from the Golgi apparatus and behaving independently. The GI-TGN is derived from a population of GA-TGN by segregation, although the core of the GA-TGN remains even after the generation of GI-TGN. We further found that abundance of the GI-TGN differs between observed tissues. Our results indicate that the dynamic features of the TGN in plant cells differ from those of animal and yeast cells. In addition, we have already reported that the SYP4 group regulates the secretory and vacuolar transport pathways in the post-Golgi network and maintains the morphology of the Golgi apparatus and TGN. Moreover, SYP4 proteins are required for biotic and abiotic responses. In this seminar, we will discuss our recent results about the TGN dynamics under the biotic and abiotic stress conditions.

道案内:
Bay AreaからI-80Eで来られる方
I-80EからCA-113 North toward Woodlandに入り、Hutchison Drive Exitを出てからHutchison Drを右折してください。Hutchison Drを進んで一つ目の信号を越えると、信号の無い左折箇所 (Old Hutchison Dr) が出ますので、そこを左折してください。右手が駐車場となっています。 Plant Reproductive Biology Bldg は、駐車場の向かいに位置する交差点左折後二つ目の一階建て建物です。
Sacramento 方面よりI-80Wで来られる方
Davis市内を通過した後、上記の通り、CA-113 North toward Woodlandから来てください。
map to PRB

<報告>
他のオルガネラに比べてあまり多くの人が注目してこなかったトランスゴルジネットワーク(TGN)ですが、小胞輸送の重要性とともにコンパートメントとしての重要性が最近は認識されるようになってきました。植村さんはTGN特異的に局在するSNAREタンパク質(膜融合に関わる分子)を指標に、TGNを可視的に特徴づけてみました。3Dで50 nmの分解能をもち、さらに検出速度も大幅に改善した顕微鏡を開発し、TGN特異的SNAREの挙動を観察したところ、それまで一般的に信じられていなかったゴルジ体とは独立したTGNを発見しました(Golgi Independent-TGN)。そしてそのGI-TGNはゴルジ体結合型のTGNから派生したものであることを鮮明に示すことができました。このGI-TGNは分化した細胞やストレスにさらされた細胞で増えることから、タンパク質の膜輸送効率に関わっているのではないかと考察されていました。
ご本人が4Dと称す、3Dとタイムラプスを組み合わせた動画を示されたときは、その鮮明さに開場からは思わず賞賛の声が漏れました。春休み中もあってか、参加者は7人と少なめでしたが、みなさんにとって満足度の高いセミナーとなりました。

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード