BAS主催 UC Davisセミナー 8月22日(金曜日)午後六時半

今回のUC Davisセミナーでは、カリフォルニア大学デービス校のEnvironmental Science and Policy (環境科学・政策専攻)で1年間研究をされていた高科直さんに、水産資源をいかに管理するか、その科学的な背景についてお話して頂きます。
近年、ウナギやマグロの漁獲高の減少に代表される、水産資源の減少が問題となっており、日経新聞などのメディアでも特集で報じられるほど、深刻化しています。
この問題に対して、海洋保護区を導入し乱獲を防ぐ、という方策が提言されていますが、どのように海洋保護区を設定すれば良いか、その理論的な根拠についてはあまり研究がなされていないのが現状です。今回は、数式により生物現象を解明する数理生物学が、どのように生物学や経済学に用いられているか、という一般的な話を交えながら、この課題に対する数理生物学からのアプローチについてお話して頂く予定です。
みなさん、奮ってご参加ください!

日時:8月22日(金曜日)午後6時15分開場、講演6時30分開始
場所:Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
(http://campusmap.ucdavis.edu/?b=118)

建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ玉置(530-848-9651)または村田(408-687-4225)までお電話ください。

演題:「数理モデルを使って水産資源管理を考える」
演者:高科直 (Takashina, Nao)
所属:
カリフォルニア大学デービス校 環境科学・政策専攻 客員研究員
九州大学大学院システム生命科学府システム生命科学専攻 数理生態学分野 博士課程
Visiting researcher, Department of Environmental Science and Policy
Ph. D. Candidate, Theoretical Ecology, Graduate School of Systems Life Sciences, Kyushu University

参加費:$5(ピザ、ビール、ソフトドリンクを用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は8/20(水曜日)までに玉置または村田までご連絡ください。
それでは、当日お待ちしております。

講演要旨:
FAO(国際連合食糧農業機関)の報告書において,2011年現在,世界の水産資源のおよそ30%が生物学的に持続不可能な状態にあるというように(FAO 2014),持続可能な資源利用手法の確立は喫緊の課題となっている。近年ではこれまでの資源管理の失敗を鑑み,漁場に海洋保護区を導入するなど,伝統的資源管理手法にはみられなかったような資源管理手法も積極的に活用されるようになってきている。事実,先に名古屋で開催されたCOP10(第10回生物多様性条約締約国会議)において国際的に合意された愛知目標の中には,世界の海洋・沿岸域の,実に10%に海洋保護区を導入するといった目標が明文化されている(目標11)。一方で,海洋保護区の導入を資源管理の一環とした漁業手法の歴史は浅く,未だ明らかになっていない事実も多く存在する。今回の発表ではその中でも,海洋保護区を導入する際に重要である「空間単位スケール」という概念の重要性に関して紹介し,この空間スケールが,漁業の経済的便益,あるいは着目している水産資源の現存量など,水産資源管理の帰結にどのような影響を与えうるのかという点について,数理モデルを用いて議論する。また,数理モデルが生物学や経済学においてどのように用いられているのかという部分に関しても簡単に紹介したい。

参考文献:
FAO (Food and Aglicuruture Organization), The state of world fisheries and aquaculture (2014).

<報告>
総勢13名の参加者でセミナーが行われました。
今回のセミナーでは、高科直さんに、世界の水産資源およびその管理の現状や、数理モデルにより最適な水産資源の管理体制を予測・提案する方法について、話していただきました。数理モデルから得られた知見を実際の漁業にどのように活かすか、日本や世界の漁業に対して何か提案することはできないか、など様々な議論が行われました。
高科さんは約1年のDavisでの滞在でしたが、積極的に会にも参加して下さり、どうもありがとうございました。今後のご活躍を期待しております。
140822_UCD
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード