UC Davisセミナー 3月1日 (金) 午後7時30分

今回のUC Davisセミナーでは、カリフォルニア大学デービス校のNeuroscience分野で博士研究員として活躍されていらっしゃいます緒方元気さんをご講演に招き、昼と夜の視覚情報伝達の違いについてのセミナーをして頂きたいと思います。緒方さんはこれまで長きに渡りUC Davisでの研究を続けられましたが、このたび、春からのご栄転が決まり、4月からは活躍の場を日本に移されることとなりました。今回の緒方さんには、ご自身の研究テーマであります神経伝達物質ドーパミンにより調節を受ける昼と夜の視覚情報伝達の違いについて、お話ししていただく予定です。普段は意識しない、私たちにとっては身近で当たり前の「感覚」の変化について、科学的側面から切り込んだお話が聞けそうですよ。みなさま、ぜひともふるってご参加ください。

日時:3月1日(金曜日)午後7時開場、講演7時30分開始
場所:Plant Reproductive Biology Bldg、 セミナー室

建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ赤木(530-848-0747)までお電話ください。

演者:緒方 元気 (Genki Ogata, PhD)
Affiliation:Ishida lab., Department of Neurobiology, Physiology, and Behavior, University of California Davis

タイトル:「アダルトラット網膜神経節細胞に対するドーパミン効果」
Title:The effects of dopamine in adult rat retinal ganglion cells

参加費:$5(ピザ、ビール、ソフトドリンクを用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は前日までに赤木 (UCDavis, Genome Center) までご連絡ください。
それでは、当日お待ちしております!

【要旨】
Dopamine can regulate signal generation and transmission by activating multiple receptors and signaling cascades, especially in striatum, hippocampus, and cerebral cortex. Dopamine modulates an even larger variety of cellular properties in retina, yet has been reported to do so by only D1 receptor-driven cyclic adenosine monophosphate (cAMP) increases or D2 receptor-driven cAMP decreases. We have tested the possibility that dopamine operates differently on retinal ganglion cells, because the ganglion cell layer binds D1 and D2 receptor ligands, and displays changes in signaling components other than cAMP under illumination that should release dopamine. In adult rat retinal ganglion cells, based on patch-clamp recordings, multielectrode recordings, and Ca2+ imaging, we find that 1) spontaneous and activated spike firing are inhibited by dopamine, SKF 83959 (an agonist that does not activate homomeric D1 receptors or alter cAMP levels in other systems), and flickering full-field illumination; 2) D1 and D2 receptor antagonists (SCH 23390, eticlopride, raclopride) counteract these effects; 3) these antagonists also dopamine-induced Ca2+ influx; and 4) the Ca2+ rise is markedly reduced by removing extracellular Ca2+ and by an IP3 receptor antagonist (2-APB). These results show that dopamine activates a receptor in adult mammalian retinal neurons that is distinct from classical D1 and D2 receptors, and that dopamine can activate mechanisms in addition to cAMP and cAMP-dependent protein kinase to modulate retinal ganglion cell excitability.


【イベント報告】
今回のセミナーでは、緒方さんに、視覚神経における伝達物質「ドーパミン」がいかにして電流伝達に関与するのか、そのメカニズムの解明に至った実験系の検討なども含めて、詳しい解説のもとでのご発表を頂きました。担当者にとって神経科学はあまり馴染みのない分野だったのですが、そんな中でもドーパミンによる視神経群における電気スパイクの阻害など、分かり易くご説明頂き、また、日頃の「見える」という現象がいかに科学的な根柢のもとで起こっている「現象」であるのか、という事を再認識させられるものでした。本セミナーは多数の方にご参加いただき、活発な議論を展開していただきました。当日は総勢23名の方々にご参加頂きました。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード