UCSFセミナー 3月4日(金)  島田氏の講演要旨

アトピー性皮膚炎は最も一般的なアレルギー性皮膚疾患の1つで、ヒトや伴侶動物の皮膚に強い痒みを引き起こします。アトピー性皮膚炎はイヌの約10%で発症すると報告されています。イヌのアトピー性皮膚炎は、特徴的な慢性の臨床像を伴う遺伝的にイニシエーションされた炎症性の皮膚疾患と定義され、特に環境アレルゲンに対する過敏症と関連があります。ヒトのアトピー性皮膚炎では皮膚バリア機能の低下が広く証明され、病変部および非病変部の皮膚において遺伝的に皮膚バリア機能障害がおきていることが知られています。近年、イヌのアトピー性皮膚炎においても皮膚バリア機能が注目されてきています。
 今回の講演では、イヌのアトピー性皮膚炎について、その背景や特徴をヒトと比較しながらお話しすると共に、イヌの皮膚バリア機能に関する研究の一端をご紹介できればと考えております。一緒に忌憚のない意見交換ができれば幸いです。

Atopic dermatitis (or AD) is one of the most common allergic skin diseases, which is characterized by intense itchy skin in humans and companion animals. It has been reported that canine atopic dermatitis (CAD) is affecting approximately 10% of the canine population. It has been defined as a genetically inherited inflammatory skin disease with characteristic clinical features, most commonly associated with hypersensitivity to environmental allergens. Impairment of the skin barrier has been extensively demonstrated in humans with AD and it is known that a genetically impaired skin barrier function is present in both lesional and non-lesional skin. In recent years, the concern with skin barrier function has been growing in CAD.
 In this lecture, I would like to talk you about the background and feature of CAD in comparison with AD in humans, and to introduce a taste of research of the skin barrier function in dogs. I hope to conduct a frank exchange of views on AD and the skin barrier function at the same time.
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード