FC2ブログ

BAS主催UCDセミナー 2月27日(火)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 2月27日(火)午後6時30分〜】

2月27日(火)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Plant Science の辻井 快さんに御講演いただきます。

辻井さんは2017年12月にUCDの博士課程を修了され、この春よりRIKEN、環境資源科学研究センターでPost Docとして仕事をされることになりました。今回は辻井さんがこれまでUCDで得られた研究の成果をお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「Cluster II フランキアの分布にその宿主が与える影響
−フランキアにおける共生誘導因子の存在を示唆するフィールドデータ−」
(English Title:" Influence of host plants on the distribution of Cluster II Frankia.
-Field data suggesting the presence of a Frankia nodule signaling molecule-"

講演者:辻井 快 (Kai Tsujii, Ph.D.)
所属:Department of Plant Sciences, UC Davis

日時:2月27日(火曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は2月27日(火)正午(12:00)までに提嶋までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
フランキアは一部の植物と根粒共生を形成することで知られる放線菌である。この互利共生においてフランキアは根瘤内で大気中の窒素をアンモニアとして固定し、宿主である植物に提供する。これに対して宿主は光合成によって得たエネルギーの一部をフランキアに提供する。
フランキアは系統学的に4つに分かれ、すべて土壌中に生息するがCluster IIと呼ばれるグループだけはこれまで宿主の生育していない土地からはほとんど発見されてこなかった。そこで、Cluster IIフランキアの分布がどの程度その宿主の分布に依存しているのか調査した結果、Cluster IIフランキアの分布とその宿主の分布とには強い相関関係が見られた。一方で宿主とそうでない植物の根圏のフロラとには顕著な差は見られたかった。これは宿主がCluster IIフランキアに特異的に作用していることを示すものである。フランキアと同じくマメ科と根粒共生を行う根粒菌においては宿主の生産する特定のフラボノイドが根粒共生の引き金になっていることが知られ、フランキアにも同じ機能を担う物質が存在していると考えられている。その物質の特定には未だ至っていないが、フィールドワークからその存在を示唆するデータが得られたことでその信憑性はより高まったと考えられる。

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード