第14回BAS合同セミナーのご報告

第14回BAS合同セミナーのご報告

10月10日(土曜日)、UCSFのRock Hallにて第14回BAS年次合同セミナーが開催されました。UCSF, UC Davis, UC Berkeley, LBL, Stanford, 企業などの幅広い分野から45名が参加され、活気あるイベントとなりました。

招待講演では、UCSFの岡田先生に、着目した分子についてどのように脳腫瘍治療の臨床試験までプロジェクトを推し進められたのか、ご自身のアメリカでのキャリアアップのご経験を織り交ぜながら詳しくお話いただきました。様々な壁をどう乗り越えられてきたのか示唆に富んだ内容で、参加者の皆さんが真剣な眼差しで話を聞かれている様子が印象に残りました。
招待講演に続いて、バイオサイエンスから工学テクノロジーまで幅広い内容の口頭発表がなされました。また、JSPS(学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター)からは、海外から申請できる研究費についてご説明いただきました。どれも興味を引くもので、質疑応答の時間もついつい長くなってしまいました。
休憩時間や懇親会では、発表をきっかけにした交流も多く見受けられ、たくさんの参加者の皆さんが閉会時間まで歓談を楽しみながらネットワークを広げられていました。

あらためまして、貴重なお時間を割いて御講演頂いた岡田先生、発表者の皆さま、そして参加くださった皆さまにお礼申し上げます。

今後も興味を引くようなセミナーを企画・開催していきますので、是非多くの方にご参加頂ければと思っております。

BAS幹事一同


【セミナーの様子】
Photo-1.jpeg
Photo-2.jpeg
Photo-3.jpeg


もっと写真を見る:
https://goo.gl/photos/6a5eS5wRjoqZA7ir7

(万一写真に不都合があるときは、ご連絡下さい)
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード