BAS主催UCSFセミナー 9月18日(金)午後7時

BAS主催UCSFセミナー 9月18日(金)午後7時
**********************************************

今回のUCSFセミナーではUCSF、John Murnane Labにおいてポスドクをされている村木慶子さんに、テロメア近傍におけるDNA二本鎖切断修復機構についてのお話をしていただきます。

ゲノムの安定性を維持するため、DNA二本鎖切断は通常、末端結合反応により迅速に修復されます。一方、テロメアは染色体末端を保護し、末端結合反応による染色体末端融合を抑制しています。では、テロメア近傍に生じたDNA二本鎖切断はどうなるのでしょうか。

テロメア近傍に生じたDNA二本鎖切断は、正常細胞においては細胞老化を、チェックポイントの変異したがん細胞では染色体不安定化を引き起こします。村木さんたちの研究により、がん細胞においてI-SceIエンドヌクレアーゼによりテロメア近傍に生じたDNA二本鎖切断は、MRE11ヌクレアーゼによるプロセシングを受け、周辺DNA配列の欠失や転座などの変異を引き起こすことが明らかになりました。この研究結果はNucleic Acids Research誌に掲載されたばかりです。ぜひご参加ください。

http://nar.oxfordjournals.org/content/early/2015/07/22/nar.gkv714.long



準備の都合上、参加希望の方は9月15日までに鳥口 寛 Kan.Toriguchi@ucsf.eduまでお申し込みください。



演者:村木慶子Keiko, Muraki PhD

所属:Department of Radiation Oncology, UCSF

講演タイトル:テロメア近傍DNA二本鎖切断特異的な損傷応答は染色体不安定化を誘導する

日時:9月18日(金)午後6時30分開場、7時講演開始

場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
    600 16th St, San Francisco, CA 94158



参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料



会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード