BAS新春セミナー @UCSF 2月8日 (日曜日)

2015年新春セミナーは基礎と臨床のコラボレーションをテーマとして、UCSF AnesthesiaでPIをされている 橋本友紀(Hashimoto, Tomoki)先生をお招きしてご講演いただきます。橋本先生は1992年に岐阜大学医学部を卒業後、米国医師免許を得てColumbia Presbyterian Medical CenterでAnesthesiaのResidencyおよびFellowshipを修了し、臨床の傍ら脳血管病変の研究に従事され2001年にUCSFに移られました。その後、NIH研究費を獲得してHashimoto labを立ち上げ、脳動脈瘤破裂(Ruptured intracranial aneurysms)の新たな動物実験モデルを確立して病態の一端を捉え、脳動脈瘤破裂の予防を可能とする病態解明に基づいた薬物治療の開発に取り組んでいます。
今回の講演では、これまでの研究成果をご紹介頂くととともに、トランスレーショナルリサーチに従事する立場より臨床と基礎の両サイドからのアプローチによる研究についてご指南頂き、さらに米国でのキャリア構築についてもお話し頂く予定です。
講演後には新年会を兼ねた懇親パーティーで親睦を深めて頂きたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

---------------------------------------------------
演題:Translational Research of Cerebrovascular Diseases
演者:Tomoki Hashimoto, MD
所属:Professor, Department of Anesthesia and Perioperative Care, University of
California, San Francisco
Web site: http://hashimotolab.ucsf.edu/index.html

要旨:クモ膜下出血の主因である脳動脈瘤破裂に対する現在の治療法は、未破裂の脳動脈瘤を早期発見して外科的な処置で予防するだけである。さらに破裂後に生じうる血管攣縮や二次的な脳梗塞などの重症な合併症を予防する治療法は存在しておらず、臨床の現場では新たな薬物治療法の開発が切望されているが実現に至っていない。その原因の一つは、脳動脈瘤の発生から破裂に至る臨床像を忠実に再現した動物実験モデルが存在しなかったため正しい病態が解明されていなかったことである。質の高いトランスレーショナルリサーチを進めていくためには臨床医と基礎研究者がお互いにいかに信頼し合って連携するかが重要である。しかし、実現が難しいのが実際である。本講演では、トランスレーショナルリサーチについて臨床と基礎の両方の立場から改めて関係性を考察し、下記の点について紹介しながら、どのようにして発展的な関係を構築していくか検討していきたい。

1. 渡米から現職までの経緯について
2. 臨床をしながら研究をすることについて
3. なぜ日本ではなくアメリカで研究する道を選んだのか?
4. アメリカと日本の研究および臨床の差について
5. アカデミックポジションで生き残る方法について
6. 疾患ありきの基礎研究に対するアプローチと研究費申請について

日時:2月8日(日曜日)10:30 開場、11:00 講演開始、12:00 質疑応答およびパネルディスカッション
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall 1F, Auditorium
懇親会:13:00 UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall 1F, Atrium

参加費:$10 (懇親会費込。当日お支払いください。学生は無料。)

会場の案内:Genentech Hallに入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるものをご持参ください。
https://www.google.com/maps/place/37°46'03.2%22N+122°23'32.4%22W/@37.7675386,-122.3923304,17z/

駐車場情報:
・4th St.と3rd St.に挟まれた屋外駐車場は、週末は$3/dayで利用できます。
・2つの立体駐車場(Owens StreetのCommunity Center Garage, 630 Third Street Garage)もPublic parkingとして利用できます。

準備の都合上、参加を希望される方は2月3日(火曜日)までに「お名前(同伴者も)」と「ご所属」を担当幹事の平野までご連絡下さい。

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード