BAS主催、UCSFセミナー 7月11日(金曜日)午後7時

 今回のUCSFセミナーでは、UCSF-Department of Neurologyの平野 有沙さんに、 サーカディアンクロック(体内時計)制御の核心に迫った研究についてお話しいただきます。
 医療や研究の場にとどまらず、日常生活の様々な場面でも目にするようになった「体内時計」というワード。イメージとしては、古時計の振り子が規則正しく左右に揺れながら時を刻む様子が浮かびますが、私たちの体の中にある時計はどのような形をしていて、どのように制御されているのでしょうか? 平野さんは東京大学・大学院理学研究科にいらしたときに、ホ乳動物のサーカディアンクロックを制御する重要な仕組みを解明されました。その研究成果は、昨年、 表紙のイラストが目を惹いたCell誌に掲載されています(http://www.cell.com/cell/issue?pii=S0092-8674%2813%29X0005-4)。
セミナーでは、この身近なテーマについて、研究成果を交えながらお話しいただく予定です。みなさん、奮ってご参加ください。

演題:
「F-box型E3リガーゼによるマウス体内時計の制御機構」

講演者:
平野 有沙 (Hirano, Arisa)

所属:
Department of Neurology, UCSF

日時:
7月11日(金)18:30 開場 => 19:00 講演開始

場所:
UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall N-114 (1階)
600 16th St, San Francisco, CA 94158

会場の案内:
建物の入り口(扇形の階段の左下)にあるインターフォンで警備員を呼び、扉を開けてもらい、建物内の警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。入館時にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などをご持参下さい。

参加費:
$5(軽食を用意します)、学生無料

申し込み:
7月9日までに、勝野まで連絡願います。

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード