3月1日(土)BAS新春セミナー

2014年新春セミナーは、UCSF CVRIでPIをされている 三川 隆(Mikawa, Takashi)先生をお招きしてご講演いただきます。三川先生は2006年にCornell 大学 Medical CollegeからUCSFに移られました。生体内の複雑な器官形成がどのようなメカニズムで構築されてくるのか、その研究の一端は昨年Scienceに発表されています(Science, 2013 Vol. 340 no. 6133 pp. 744-748.)。普段英語で講演を聴く機会はたくさんありますが、日本語でPIの先生の講演を聴けるこのチャンスをお見逃しなく!今回は、これまでの研究成果をわかりやすくご紹介いただくととともに(下記要旨参照)、アメリカでのキャリア構築についてもお話しいただける予定です。
講演後にはネットワーキングを兼ねた新春らしい懇親パーティーを企画しています。最近渡米された方やJBASに初参加の皆様にも是非お声がけください。多分野の研究の話で盛りあがったり、共通の趣味の友人を見つけたりと交流が広がります!たくさんのご参加をお待ちしています!

---------------------------------------------------
演題:Bi-laterality and the midline body axis
演者: Takashi Mikawa, M.S., Ph.D,
所属: Camilla and Geogre D. Smith Distinguished Professor in Science and Medicine
Cardiovascular Research Institute and Department of Anatomy School of Medicine, University of California, San Francisco
Web site: http://bms.ucsf.edu/directory/faculty/takashi-mikawa-phd

要旨:The function of the midline, which divides the body along the anterio-posterior axis, is the least understood subject in body axis patterning. In the Bilateria, three germ layers are symmetrically generated along the midline during gastrulation. Curiously, gastrulating cells do not cross the midline: instead they populate the side of the embryo where they originated in the epiblast. Mechanisms limiting migration of gastrulating cells ipsilaterally, but not contra-laterally, remain unknown. Our data uncover that the ipsilateral migration pattern of gastrulating cells is achieved by placing an internal barrier that is generated through programed cell death along the midline body axis.


日時:3月1日(土曜日)10:30開場、11:00講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus Byers Hall Rm.212 (2階)
懇親会:Byers Hall West Lobby (2階)12:30~
https://maps.google.com/maps?q=37.769174,-122.39166&client=safari&oe=UTF-8&t=m&z=16

参加費:$10(懇親会費込。当日お支払いください。学生は無料。)

会場の案内:Byers Hallへは隣のGenentech Hallからお入りください。建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるものをご持参ください。階段またはエレベーターで2階へ上がり、Byers hallへ進んでください。

JBAS seminar_ByersHall map

駐車場情報:
・4th st.と3rd st.に挟まれた屋外駐車場は、週末は$2.50/dayで利用できます。
・2つの立体駐車場(Owens StreetのCommunity Center Garage, 630 Third Street Garage)もPublic parkingとして利用できます。

準備の都合上、参加を希望される方は2月26日(水曜日)までに「お名前(同伴者も)」と「ご所属」を担当幹事の山崎までご連絡下さい。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード