UC Davisセミナー 10月19日(金)午後7時

今回のセミナーでは、鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター講師であり、現在カリフォルニア大学デービス校に客員研究員としていらしている近藤謙介さんに、園芸作物の栄養環境制御についてのセミナーをして頂きます。「分子生物学」の誕生以来、遺伝的要因の解明ばかりが高い評価を集めてしまっている最近の植物研究の世界ですが、実農業ではどうやっても扱いにくい遺伝的要因はさておき、環境要因の制御が実際の最重要課題となります。特に栄養環境についての検討は植物栽培の基本となる知見にも関わらず、いわゆる「基礎植物科学」分野での共通性を持った解析には限界があります。今回、近藤さんには皆さんにも親しみのある園芸作物を使った実社会と関わりの深い内容をお話ししていただく予定です。美味しい野菜の作り方も期待できるのでは!?ぜひともふるってご参加ください。

日時:10月19日(金曜日)午後6時30分開場、講演7時開始
場所:Plant Reproductive Biology Bldg、 セミナー室
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ赤木(530-848-0747)まで電話をください。

氏名:近藤 謙介 博士(農学)
Name:Kensuke Kondo, PhD
所属:鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター(講師)
カリフォルニア大学デービス校(客員研究員)
Affiliation:Field Science Center, Faculty of Agriculture, Tottori University
University of California Davis

演題:「過ぎたるはなお及ばざるがごとし!!~葉物野菜,特にミズナを中心に~」
Title:Too much is as bad as too little; about leaf vegetables, especially Mizuna

参加費:$5(ピザ、ビール、ソフトドリンクを用意します)、学生無料
準備の都合上、参加希望の方は前日までに赤木までご連絡ください。それでは、当日お待ちしております!

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード