UCSF セミナー 6月6日(水) 午後7時

東北大学病院・脳神経外科の中川敦寛さんに、「最大限の病変摘出と機能温存を両立するあたらしい手術用治療機器(パルスジェットメス)の開発:シーズから臨床試験で経験した3つの壁」という演題でお話しいただきます。中川さんは脳外科医として医療の現場に立ちながら、術後の機能温存をより良くしようと手術用治療器の開発にも力を注いでこられました。現在は東北大学未来医工学治療開発センター 冨永・セイコーエプソン研究室のプロジェクトマネージャーとして製品化や新しいアプリケーションの開拓などに取り組まれています。シーズから臨床試験そして製品化に至るまでの道のりについてのお話は、普段は医療に直接関わる機会がない方にとっても非常に興味深いものになると思います。
 また、当日は東日本大震災の折に東北大病院の救命センターで指揮をとられた古川宗さんもご一緒ですので、震災の際のマネージメントについても皆様とお話しする機会を持っていただけます。
 普段のセミナーとはやや傾向の異なる内容ですが、幅広い分野の皆さまの参加をお待ちしております。

日時:6月6日(水曜日)18:30開場、19:00講演開始
   (講演の後に簡単な懇親会を予定しています)
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
    UCSF campus Map
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい.
演者:中川敦寛 (Atsuhiro NAKAGAWA, MD, PhD)
所属:東北大学病院 助教(脳神経外科/高度救命救急センター)
演題:最大限の病変摘出と機能温存を両立するあたらしい手術用治療機器(パルスジェットメス)の開発:シーズから臨床試験で経験した3つの壁
参加費:$5(軽食と飲み物込み。当日、受付で集めます)・学生は無料

準備の都合上、参加を希望される方は6月4日(月)までに「お名前」と「ご所属」を担当幹事の城戸までご連絡下さい。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード