傷を受けると植物がSOSを出す!?

2004、5年当時、UC Davisに所属されていた塩尻氏(現京都大学)が、植物が傷をうけると匂いが放出され、その匂いはさまざまな生物種(植物、害虫、害虫の天敵の行動)に影響を及ぼす、という研究成果をBASの合同セミナーで口演されました。

その後の研究から、遺伝子型が同じ植物同士(クローン)では、このコミュニケーション能力が高い、つまり植物が匂いで自己認識(血縁認識)していることが明らかになり、イギリスのBBCでも採りあげられました。皆さん是非ご一読を!

http://news.bbc.co.uk/earth/hi/earth_news/newsid_8076000/8076875.stm

この研究に関連した応用例を見る
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード