遠心機のリコール情報

トミー精工社製の遠心機に不具合が見つかったそうです。
もし使われている場合は、こちらの情報を参照下さい:
http://bio.tomys.co.jp/news/2017/06/post-103.html

佐野俊二 先生のインタビュー記事掲載のお知らせ

BAS主催新春セミナーで佐野俊二先生(UCSF, Division of Pediatric Cardiothoracic Surgery)にご講演頂いた折のインタビュー記事が、2月24日発行のベイスポに掲載されました。セミナーの写真も掲載されています。

1474P05_佐野先生インタビュー_new3

内閣府ImPACTprojectマネージャー 東大の合田教授の講演

1月27日(金)にスタンフォードで、内閣府ImPACTprojectマネージャー 東大の合田教授の講演があります。
 日時:1月27日(金)16:30~
 演題:High-speed imaging meets single-cell analysis
 会場:Stanford University, Packard 101
  https://forum.stanford.edu/visitors/directions/packard.php
講演内容の詳細についてはこちらをご参照下さい:

https://scien.stanford.edu/index.php/keisuke-goda/

理研主催若手研究者用のシンポジウムの案内

現在横浜の理研でPIをされている、蓑田亜希子さんからのシンポジウムの案内です。
もしご不明な点がありましたら蓑田さんまでご連絡ください。

RIKEN is hosting a new interdisciplinary symposium for young scientists on March 29-30, 2017 at the Yokohama campus.

The call is now open to scientists from all fields of study (life sciences, physics, engineering, etc) for poster and oral sessions. This will be a great chance to present your work and exchange ideas with other scientists from across the globe. For more information/registration, please follow the link below.

Flights and accommodation will be covered by RIKEN, so please circulate this to anyone who might be interested.

Application deadline: Monday 12th December, 2016, noon (JST).
http://wakate-sympo.riken.jp/index_en.html

Thank you

Aki Minoda

米国大学院学生会ニュースレター最新号(第31号)

ニュースレター最新号(第31号)が、以下のリンクよりダウンロードできるようになっております。
http://gakuiryugaku.net/newsletters/4447

今回はポスドク、非営利団体など卒業後の経験をされた方の記事が集まっております。
また、前回に引き続き今回も足立さんのユニークな留学経験についてもぜひご覧下さい。

==内容==
2016年11月(第三十一)号
- 寄稿: 海外のポスドクフェローさがし (工藤 朗・カリフォルニア工科大学)
- 連載: 子連れ留学珍道中 (2) -そしてこれから...- (足立 智子・エンジニアリング/ビジネスコンサルタント/通訳)
- 寄稿: 私の大学院選び -ライス大学での院生一年目- (加藤 圭衣子・ライス大学)
- 連載: 行き当たりバッタリのアメリカ生活23年(1) 大学院1回目 (渡邊 裕子・ユーラシア・グループ)

ニュースレター班一同
===========================================
Facebookページからも紹介を行なっています。こちらのページもLikeしてください。
http://www.facebook.com/gakuiryugaku

最後に、ご要望・ご意見、記事を読んで一言、また執筆に興味がある方は
newsletter[at]gakuiryugaku.net
まで気軽にご連絡お願いいたします。

米国大学院学生会
ニュースレター編集部
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード