★BAS通信★10月22日(土)開催!! BAS合同セミナーのお知らせ(リマインダー)

<< 10月22日(土)開催!! BAS合同セミナーのお知らせ(リマインダー) >>

いよいよ明後日の土曜日(10月22日)に、合同セミナーをUCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!

合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表して頂くとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。

今年の特別講演は、
・Genentechの基礎研究部門でSenior Scientist (PI)としてご活躍中の榧垣伸彦博士による、
 「新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略」

・Stanford UniversityのProfessor of Photon Science and of Structural Biologyとして数々のプロジェクトを進められている若槻壮市先生の、
 「X線自由電レーザー・電子ビームを使った構造生命科学研究」

の二講演となります。ご講演内容はプログラム末尾に付しております。


更に、ご応募いただいた口頭・ポスターによる発表、セミナー後の懇親会と盛りだくさんの内容となっています。演題や時間割などのプログラムは下にございます。奮ってご参加下さい!!

【参加申し込み方法】
参加ご希望の方は、お名前・ご所属を添えて小川までお申し込み下さい。
準備の都合上、事前にご連絡下さいますようお願いいたします。

【セミナー開催日時】10月22日(土)午後12時40分開場、午後1時セミナー開始、午後6時頃から懇親会

【場所】UCSF, Mission Bay Campus, Genentech Hall N114
   600 16th St., San Francisco, CA 94158
   (Google Map= https://goo.gl/maps/GX4pcz6mmiN2 )

【参加費】$10(学生は$5):当日、会場受け付けで集めさせて頂きます。

【会場案内】Genentech Hallは施錠されています。インターホンで守衛さんを呼び出して入口を開けてもらってください。入館時にPhoto IDの提示を求められます。運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参ください。会場は寒い場合があります。上着の用意をおすすめします。

【交通・駐車場】
UCSFには複数の駐車場があります($3.75/hr)。
http://www.ucsf.edu/sites/default/files/fields/field_insert_file/UCSF_Mission_Bay_Map_Web.pdf

当日は近くのAT&T parkでイベントがあるため路上駐車は難しいかもしれません。公共交通機関の利用も検討下さい。
Caltrain: San Francisco Stationから徒歩10分程度。
SFMTA: Bart-16th St.&Mission Station からMuni Bus Line55で16th St.&4th St. stopへ。


〜〜〜〜〜 << プログラム >> 〜〜〜〜〜〜〜
(変更の場合もあります、ご了承下さい)


13:00~13:10 Opening Address

13:10~14:10 Invited Lecture (1)
  “X線自由電レーザー・電子ビームを使った構造生命科学研究”
  若槻 壮市 (Soichi Wakatsuki; Professor of Photon Science and of Structural Biology, Stanford University)

14:10~14:20 Break

14:20~14:35 Activity Summary of Bay Area Seminar

14:35~15:30 Oral Presentation, Session (1)
[O-1] “Exploiting the metabolic potential of soil Actinobacteria”
大谷 啓志 (Hiroshi Otani; US Department of Energy Joint Genome Institute)

[O-2] “双方向性のNotch-Deltaシグナルによる末梢神経発生の制御”
大久保 佑亮 (Yusuke Okubo; UC Berkeley, Department of Bioengineering)

[O-3] JSPS Public Relations
田宮 徹 (Toru Tamiya; JSPS San Francisco Office, Director)

15:30~16:15 Poster Presentation
[P-1] “Relationship between epidermal glycation and barrier function”
横田 麻美 (Mami Yokota; Josai University, Faculty of Pharmaceutical Sciences)

[P-2] “GCGAループを認識する新規なRNAモチーフ: リボザイム活性を指標とした機能評価”
前島 昂弥 (Takaya Maejima; UC Davis, Department of Chemistry)

[P-3] “改良型光センサタンパク質が導入されたシアノバクテリアにおける赤色光による遺伝子発現制御”
小林 俊一 (Shunichi Kobayashi; UC Davis, Department of Chemistry)

[P-4] “ライフサイエンス分野で使われるフッ素材料”
大家 明子 (Akiko Oya; Daikin America, Inc.)

16:15~16:55 Oral Presentation, Session (2)
[O-4] “A novel mutation in Cryptochrome 2 causes advanced familial sleep phase in humans”
平野 有沙 (Arisa Hirano; UCSF, Department of Neurology)

[O-5] “造血幹細胞のプログラム細胞死と白血病制御”
山下 真幸 (Masayuki Yamashita; UCSF, The Eli and Edythe Broad Center of Regeneration Medicine and Stem Cell Research)

16:55~17:00 Break

17:00~18:00 Invited Lecture (2)
“新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略”
榧垣 伸彦 (Nobuhiko Kayagaki; Genentech Inc., Physiological Chemistry Department)

18:00~20:00 Social Gathering

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 特別講演 (1)、若槻 壮市 先生 >>
X線・電子ビームによる構造解析は様々な構造生物学研究において多用されている。本講演では世界で初の硬X線自由電子レーザー(XFEL)施設LCLSにおける生命科学研究、特に2014年に開発を開始し今夏から稼働し始めたMacromolecular Femtosecond Crystallography施設を紹介する。スタンフォードとSLACにおける放射光X線・XFEL、クライオ電顕・可視光イメージングを相補的に使った研究イニシアチブについても触れる。また、講演者が関与してきたJST研究領域「構造生命科学」、 AMED「創薬等プラットフォーム事業」、欧州放射光研究所(ESRF)等での経験も踏まえて、今後の国際的な研究展開に求められる人材、アプローチについて議論したい。


<< 特別講演 (2)、榧垣 伸彦 博士 >>
 榧垣博士は東北大学薬学部を卒業後、1994年から順天堂大学医学部免疫学教室で細胞死にかかわる分子機構の解明に携わり、この分野の研究で世界をリードし数多くの論文を執筆されてきました。これらの論文にある知見はその後のアポトーシスや腫瘍免疫などの研究に大きく寄与し、現在までに多くの研究論文に引用されています。2001年に狭き門を勝ち抜いてGenentech社のポスドク研究員に採用され、2005年からはPIとして活躍を続けられています。
 今回の御講演では、昨年Nature誌に発表された研究成果* に加えて四方山話をして下さる予定です。

* "Caspase-11 cleaves gasdermin D for non-canonical inflammasome signalling.”, Nature, 2015, 666-71
* "Deubiquitinase DUBA is a post-translational brake on interleukin-17 production in T cells.”, Nature, 2015, 417-21

続きを読む

★BAS通信★ 第15回BAS年次合同セミナー 10/22(土曜日)プログラム

<< 10月22日(土)開催!! BAS合同セミナーのお知らせ(プログラム付) >>

いよいよ来週末に迫ってまいりました。
年に一度の合同セミナーを、10月22日(土)にUCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!

合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表して頂くとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。

今年の特別講演は、
・Genentechの基礎研究部門でSenior Scientist (PI)としてご活躍中の榧垣伸彦博士による、
 「新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略」

・Stanford UniversityのProfessor of Photon Science and of Structural Biologyとして数々のプロジェクトを進められている若槻壮市先生の、
 「X線自由電レーザー・電子ビームを使った構造生命科学研究」

の二講演となります。ご講演内容はプログラム末尾に付しております。


更に、ご応募いただいた口頭・ポスターによる発表、セミナー後の懇親会と盛りだくさんの内容となっています。演題や時間割などのプログラムは下にございます。奮ってご参加下さい!!

【参加申し込み方法】
参加ご希望の方は、お名前・ご所属を添えて小川までお申し込み下さい。
準備の都合上、事前にご連絡下さいますようお願いいたします。

【セミナー開催日時】10月22日(土)午後12時40分開場、午後1時セミナー開始、午後6時頃から懇親会

【場所】UCSF, Mission Bay Campus, Genentech Hall N114
   600 16th St., San Francisco, CA 94158
   (Google Map= https://goo.gl/maps/GX4pcz6mmiN2 )

【参加費】$10(学生は$5):当日、会場受け付けで集めさせて頂きます。

【会場案内】Genentech Hallは施錠されています。インターホンで守衛さんを呼び出して入口を開けてもらってください。入館時にPhoto IDの提示を求められます。運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参ください。会場は寒い場合があります。上着の用意をおすすめします。

【交通・駐車場】
UCSFには複数の駐車場があります($3.75/hr)。
http://www.ucsf.edu/sites/default/files/fields/field_insert_file/UCSF_Mission_Bay_Map_Web.pdf

当日は近くのAT&T parkでイベントがあるため路上駐車は難しいかもしれません。公共交通機関の利用も検討下さい。
Caltrain: San Francisco Stationから徒歩10分程度。
SFMTA: Bart-16th St.&Mission Station からMuni Bus Line55で16th St.&4th St. stopへ。


〜〜〜〜〜 << プログラム >> 〜〜〜〜〜〜〜
(変更の場合もあります、ご了承下さい)


13:00~13:10 Opening Address

13:10~14:10 Invited Lecture (1)
  “X線自由電レーザー・電子ビームを使った構造生命科学研究”
  若槻 壮市 (Soichi Wakatsuki; Professor of Photon Science and of Structural Biology, Stanford University)

14:10~14:20 Break

14:20~14:35 Activity Summary of Bay Area Seminar

14:35~15:25 Oral Presentation, Session (1)
[O-1] “Exploiting the metabolic potential of soil Actinobacteria”
大谷 啓志 (Hiroshi Otani; US Department of Energy Joint Genome Institute)

[O-2] “双方向性のNotch-Deltaシグナルによる末梢神経発生の制御”
大久保 佑亮 (Yusuke Okubo; UC Berkeley, Department of Bioengineering)

[O-3] JSPS Public Relations
田宮 徹 (Toru Tamiya; JSPS San Francisco Office, Director)

15:25~16:15 Poster Presentation
[P-1] “Relationship between epidermal glycation and barrier function”
横田 麻美 (Mami Yokota; Josai University, Faculty of Pharmaceutical Sciences)

[P-2] “GCGAループを認識する新規なRNAモチーフ: リボザイム活性を指標とした機能評価”
前島 昂弥 (Takaya Maejima; UC Davis, Department of Chemistry)

[P-3] “改良型光センサタンパク質が導入されたシアノバクテリアにおける赤色光による遺伝子発現制御”
小林 俊一 (Shunichi Kobayashi; UC Davis, Department of Chemistry)

[P-4] “ライフサイエンス分野で使われるフッ素材料”
大家 明子 (Akiko Oya; Daikin America, Inc.)

16:15~16:55 Oral Presentation, Session (2)
[O-4] “A novel mutation in Cryptochrome 2 causes advanced familial sleep phase in humans”
平野 有沙 (Arisa Hirano; UCSF, Department of Neurology)

[O-5] “造血幹細胞のプログラム細胞死と白血病制御”
山下 真幸 (Masayuki Yamashita; UCSF, The Eli and Edythe Broad Center of Regeneration Medicine and Stem Cell Research)

16:55~17:00 Break

17:00~18:00 Invited Lecture (2)
“新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略”
榧垣 伸彦 (Nobuhiko Kayagaki; Genentech Inc., Physiological Chemistry Department)

18:00~20:00 Social Gathering

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 特別講演 (1)、若槻 壮市 先生 >>
X線・電子ビームによる構造解析は様々な構造生物学研究において多用されている。本講演では世界で初の硬X線自由電子レーザー(XFEL)施設LCLSにおける生命科学研究、特に2014年に開発を開始し今夏から稼働し始めたMacromolecular Femtosecond Crystallography施設を紹介する。スタンフォードとSLACにおける放射光X線・XFEL、クライオ電顕・可視光イメージングを相補的に使った研究イニシアチブについても触れる。また、講演者が関与してきたJST研究領域「構造生命科学」、 AMED「創薬等プラットフォーム事業」、欧州放射光研究所(ESRF)等での経験も踏まえて、今後の国際的な研究展開に求められる人材、アプローチについて議論したい。


<< 特別講演 (2)、榧垣 伸彦 博士 >>
 榧垣博士は東北大学薬学部を卒業後、1994年から順天堂大学医学部免疫学教室で細胞死にかかわる分子機構の解明に携わり、この分野の研究で世界をリードし数多くの論文を執筆されてきました。これらの論文にある知見はその後のアポトーシスや腫瘍免疫などの研究に大きく寄与し、現在までに多くの研究論文に引用されています。2001年に狭き門を勝ち抜いてGenentech社のポスドク研究員に採用され、2005年からはPIとして活躍を続けられています。
 今回の御講演では、昨年Nature誌に発表された研究成果* に加えて四方山話をして下さる予定です。

* "Caspase-11 cleaves gasdermin D for non-canonical inflammasome signalling.”, Nature, 2015, 666-71
* "Deubiquitinase DUBA is a post-translational brake on interleukin-17 production in T cells.”, Nature, 2015, 417-21

★BAS通信★ 第15回BAS年次合同セミナー 10/22(土曜日)

<< BAS合同セミナー開催のお知らせ(アップデート) >>

今年も、年に一度の合同セミナーをUCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!

合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表して頂くとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。

今年は特別講演として、Genentechの基礎研究部門でSenior Scientist (PI)としてご活躍中の榧垣伸彦 博士、Stanford UniversityのProfessor of Photon Science and of Structural Biologyとして数々のプロジェクトを進められている若槻壮市 先生のお二方をお招きし、それぞれのご研究について御講演いただきます。

さらに、ご応募いただいた口頭・ポスターによる発表、セミナー後の懇親会と盛りだくさんの内容となっています。発表者・演題のリストは下にございます。奮ってご参加下さい!!


【参加申し込み方法】
参加ご希望の方は、お名前・ご所属を添えて小川宛にメールでお申し込み下さい。準備の都合上、10月19日(水)までにお願いいたします。

【セミナー開催日時】
10月22日(土)午後12時40分開場、午後1時セミナー開始、午後6時頃から懇親会

【参加費】
$10(学生は$5):当日、会場受付で集めさせて頂きます。

【会場】
UCSF, Mission Bay Campus, Genentech Hall
600 16th St., San Francisco, CA 94158
(Google Map= https://goo.gl/maps/GX4pcz6mmiN2 )
・セミナー会場は1階のN114
・懇親会会場は2階のByers Hall ロビー

【会場案内】
Genentech Hallは施錠されています。インターホンで守衛さんを呼び出して入口を開けてもらってください。入館時にPhoto IDの提示を求められます。運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参ください。
また、会場は寒い場合があります。上着の用意をおすすめします。

【交通・駐車場】
UCSFには複数の駐車場があります(一律 $3.75/hr)。
キャンパスマップはこちら

当日は近くのAT&T parkでイベントがあるために路上駐車は難しいかもしれません。公共交通機関の利用も検討ください。
Caltrain: San Francisco Stationから徒歩10分程度。
SFMTA: Bartの"16th St. & Mission" station から、Muni Bus Line55で "16th St. & 4th St." stopまで。


〜〜 講演・発表者と演題 〜〜〜〜〜
(発表の順番などのプログラムは後日お知らせいたします)

[特別講演]
・榧垣 伸彦(Genentech, Senior Scientist)
  "新しい細胞死メカニズムの発見 - 細菌感染に対抗するための宿主の戦略"

・若槻 壮市(Stanford University, Professor of Photon Science and of Structural Biology)

[口頭発表]
・大谷 啓志 (DOE Joint Genome Institute)
  "p-Hydroxycinnamte catabolism in a soil Actinobacterium"

・大久 保佑亮 (UC Berkeley/国立医薬品食品衛生研究所)
  "双方向性のNotch-Deltaシグナルによる末梢神経発生の制御"

・平野 有沙 (UCSF)
  "A novel mutation in Cryptochrome 2 causes advanced familial sleep phase in humans."

・山下 真幸 (UCSF)
  "造血幹細胞のプログラム細胞死と白血病制御"

・日本学術振興会サンフランシスコオフィス

[ポスター発表]
・横田 麻美 (城西大学薬学部, 皮膚生理学研究室)
  "Relationship between epidermal glycation and barrier function"

・前島 昂弥 (UC Davis)
  "GCGAループを認識する新規なRNAモチーフ: リボザイム活性を指標とした機能評価"

・小林 俊一 (UC Davis)
  "改良型光センサタンパク質が導入されたシアノバクテリアにおける赤色光による遺伝子発現制御"

・大家 明子 (DAIKIN AMERICA, INC.)
  "ライフサイエンス分野で使われるフッ素材料"

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 特別講演、榧垣伸彦博士のご紹介>>
 榧垣博士は東北大学薬学部を卒業後、1994年から順天堂大学医学部免疫学教室で細胞死にかかわる分子機構の解明に携わり、この分野の研究で世界をリードし数多くの論文を執筆されてきました。これらの論文にある知見はその後のアポトーシスや腫瘍免疫などの研究に大きく寄与し、現在までに多くの研究論文に引用されています。2001年に狭き門を勝ち抜いてGenentech社のポスドク研究員に採用され、2005年からはPIとして活躍を続けられています。
 今回の御講演では、昨年Nature誌に発表された研究成果* に加えて四方山話をして下さる予定です。

* "Caspase-11 cleaves gasdermin D for non-canonical inflammasome signalling.”, Nature, 2015, 666-71
* "Deubiquitinase DUBA is a post-translational brake on interleukin-17 production in T cells.”, Nature, 2015, 417-21


<< 特別講演、若槻壮市先生のご紹介>>
http://med.stanford.edu/wakatsukilab/Members.html
御講演内容につきましては、後日アップデートいたします。

BAS合同セミナー開催と演題募集のお知らせ

今年も、年に一度の合同セミナーをUCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!

合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表して頂くとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。


過去の合同セミナーの様子:
2015年
https://goo.gl/photos/6a5eS5wRjoqZA7ir7
2012年
https://goo.gl/photos/LDYxk19hevnmpFbN7


【開催予定日】
10月15日(土)あるいは22日(土)の午後を予定しています。
具体的な日時が決まり次第、改めてご案内いたします。

【内容】
(1)特別講演
(2)口頭発表+ポスター発表
(3)懇親会

【会場】
UCSF, Mission Bay Campus
詳細な場所は、追ってご案内いたします。

【参加費】
 参加者(発表者以外):$10
 発表者       : $5
 学生        : $5


【参加者および発表者の応募要項】
現在は発表者ならびに参加者を募集しております。発表者の枠には限りがあります、奮ってご応募下さい。

発表応募要項:

締切:9月30日(金)(定数に達し次第締め切ります。発表を希望される方は早めにお申込みください。)



発表内容について:

ライフサイエンス分野の発表(医学、生物学、生命情報科学等)であれば内容は問いません。渡米後1−2年目の方には日本でのお仕事の発表にも最適です。



発表形式: 

(1) 口答発表

   PowerPointなどによるプレゼンテーション(日本語または英語で)
   
   発表 15分+質疑応答 5分(発表時間については相談可)

(2) ポスター発表
   40~60分のポスターセッション


発表応募先: 

発表を御希望の方は「お名前・御所属・演題と、希望する発表形式(口頭もしくはポスター)」を城戸までお送りください。後日、要旨の提出をお願いいたします。参加登録のメールを別途お送りいただく必要はありません。


参加申込先:
発表をなさらずに参加のみをご希望の方は、「お名前・御所属」を添えて小川まで御申込み下さい。


ベイエリアで研究・仕事をされる方達が一同に会する年に一度のイベントに奮ってご参加下さい!!

第14回BAS合同セミナーのご報告

第14回BAS合同セミナーのご報告

10月10日(土曜日)、UCSFのRock Hallにて第14回BAS年次合同セミナーが開催されました。UCSF, UC Davis, UC Berkeley, LBL, Stanford, 企業などの幅広い分野から45名が参加され、活気あるイベントとなりました。

招待講演では、UCSFの岡田先生に、着目した分子についてどのように脳腫瘍治療の臨床試験までプロジェクトを推し進められたのか、ご自身のアメリカでのキャリアアップのご経験を織り交ぜながら詳しくお話いただきました。様々な壁をどう乗り越えられてきたのか示唆に富んだ内容で、参加者の皆さんが真剣な眼差しで話を聞かれている様子が印象に残りました。
招待講演に続いて、バイオサイエンスから工学テクノロジーまで幅広い内容の口頭発表がなされました。また、JSPS(学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター)からは、海外から申請できる研究費についてご説明いただきました。どれも興味を引くもので、質疑応答の時間もついつい長くなってしまいました。
休憩時間や懇親会では、発表をきっかけにした交流も多く見受けられ、たくさんの参加者の皆さんが閉会時間まで歓談を楽しみながらネットワークを広げられていました。

あらためまして、貴重なお時間を割いて御講演頂いた岡田先生、発表者の皆さま、そして参加くださった皆さまにお礼申し上げます。

今後も興味を引くようなセミナーを企画・開催していきますので、是非多くの方にご参加頂ければと思っております。

BAS幹事一同


【セミナーの様子】
Photo-1.jpeg
Photo-2.jpeg
Photo-3.jpeg


もっと写真を見る:
https://goo.gl/photos/6a5eS5wRjoqZA7ir7

(万一写真に不都合があるときは、ご連絡下さい)
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード