JSPSによるフェローシップ説明会のご案内


JSPSが提供する外国人向けフェローシップ(自然科学から人文、社会科学まで対象、大学院学生から教授まで)の説明会が、6/21(水)に、UCSFのパルナサスとミッションベイ・キャンパスで開催されます。
外国人向けフェローシップですが、一部は邦人で米国に10年以上研究者として滞在されている方も対象となるそうです。
開催場所・時間についての詳細は下を御参照下さい。

------開催案内--------------------
Are you interested in research, collaboration and travel opportunities in Japan?

Hundreds of attractive funding opportunities are available:
• Pre-PhD students (summer and short-term fellowships)
• Postdocs (summer, short and long term fellowships)
• Faculty fellowships at junior, mid-career and senior levels (short and long term)

If you want to know more, don’t miss this rare opportunity to learn about funding options
directly from the alumni and staff of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)*.

International Fellowships for Research in Japan
Information Session with the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)*

Parnassus: Weds, June 21, Library Room CL-222
12:00 pm – Fellowship program explanation
12:15 pm – JSPS Alumni talk/Q&A with past JSPS grantee
12:30 pm – Light lunch and networking
RSVP for Parnassus Info Session

Mission Bay: Weds, June 21, Mission Hall Room MH-1400
3:30 pm – Fellowship program explanation
3:45 pm – JSPS Alumni talk/Q&A with past JSPS grantee
4:00 pm – Coffee/dessert and networking
RSVP for Mission Bay Info Session

*JSPS is the largest research-funding agency in Japan, under the auspices of the Japanese Ministry of Education.

Inquiries:
webmaster@jspsusa-sf.org


Japan Society for the Promotion of Science
San Francisco Office
2001 Addison Street #260
Berkeley, CA 94706
TEL 510.665.1890
FAX 510.665.1891

ビザ永住権に関するセミナー案内

ビザ永住権に関するセミナー案内
-------------------------------------------------------------------------------------------------
<以下案内です>
「アトランタ日本人研究者の会」の代表をしております大須賀です。本会では、トランプ政権下でのビザ・永住権の変更点に関するセミナーを開催いたします。本セミナーはオンライン上で無料公開いたします。今後、アメリカ留学や、留学中でビザ更新を考えている人は、ぜひご覧いただればと思います。アメリカビザに関する最新情報というのは、ネット上では限られたものしかなくて、実際困っている人がたくさんいます。多くの人に活用していただけると、主催者側としては大変に嬉しいです。
 
 トランプ政権は移民に関する制度に、大きな変更を加えようとしています。アメリカに留学する日本人学生や研究者の間にも、影響があるのではと不安が広がっています。そこで、今回は移民弁護士の大蔵昌枝先生に、トランプ政権下でのアメリカ移民法の変更点と、それに伴う日本人への影響について、最新情報を含めて解説していただきます。特に留学生や研究者に関連するビザ(J1, H1B, F1)・グリーンカードの情報を中心に解説していただきます。プレゼンの最後には質問の時間も設けますので、講演に関する質問や、それ以外のビザに関する質問も歓迎いたします。ビザに関するトラブルは、一発で留学継続が困難となることもあり、留学している人にとっては大変に重要なトピックです。この貴重な機会に、最新情報をフォローしてもらい、必要な対処をしていただきたいと思います。

タイトル:トランプ政権下での移民法の行方
講師:大蔵昌枝先生
日時:4月21日(金)午後7時〜9時 EST (日本時間4月22日(土)午前8時〜10時)
場所:オンラインもしくは、講演会場でご参加ください。
講演会場:Whitehead Biomedical Research Building Room 200, Emory University 
発表言語:日本語
参加費:無料
参加登録方法:以下のウェビナーの登録サイトで登録してください
http://openlegalcommunity.com/immigration_webinar/
 当日、リアルタイムでの視聴が難しい方は、事前登録さえしておいてもらえれば、のちほど録画版へのアクセス情報をお送りしますので、そちらを見ていただけたらと思います。また、このセミナーはオープンセミナーですので、アトランタ研究者の会以外の方で興味がありそうな方がいましたら、ぜひ情報共有をしてください。どなたでも大歓迎です。では、ご登録をお待ちしております。

BAS x UJA合同企画、キャリアトーク

【BAS x UJA合同企画、キャリアトーク:リバネス社の場合 〜研究者として社会で活躍していくには?〜(3月19日(日)お昼開催)】

こんどの日曜日(19日)は、BAS x UJAの合同企画としてリバネス・アメリカ(Leave a NestAmerica Inc)社長の武田隆太さん (Ryuta Takeda, Ph.D.)をお招きして、「My adventure in the business field after hitting 30 years old」という演題でキャリアトークを開催いたします。

リバネスは、生命科学などの理工系大学院生が中心となって起業した、科学や研究に関するプラットフォームビジネスを主軸にする企業です(https://lne.st/about-us/)。 武田さんはオハイオ州立大学で病原体の分子構造についての研究でPhDを取得後にリバネスに入社、産学連携やリーダーシップ育成研修事業などを日本内外で推進されてきました。

今回のキャリアトークでは、ご自身の経験を交えながら、博士号を取得した人がどういう活躍をすることが可能なのか、リバネスの事業と他の大企業での事例を見ていて感じることなどについてお話いただく予定です。

今回は、お茶とお菓子をリバネスにご提供いただき、参加費無料となります。
奮ってご参加下さい。

準備の都合上、参加ご希望の方は「お名前」と「ご所属」を明記して、津久井宛にお申し込みください。

日時 :3月19日(日曜)14:00~16:00(開場は13:30)
参加費:無料(ただし、事前にお申し込みください)
会場 :UCSF Housing Community Room
  1523, 4th Street, San Francisco, CA 94158
  (Google map= https://goo.gl/maps/wFd9kdL3iwN2)
パーキング:4th Street上に幾つかパーキングロットがあります。UCSF内にもPublic parkingがあります($3.75/hr)


〜〜講演詳細〜〜

講演者:Ryuta Takeda, Ph.D. 武田 隆太;Leave a Nest America Inc. President
演題 :My adventure in the business field after hitting 30 years old
    『30歳からのビジネスのすゝめ -基礎理学者がビジネスしてみたー』
概要:
ずっとアカデミアでキャリアを積んできたけれど、ビジネスにも興味がある方向けに、Ph.D.取得後に30歳でキャリアスイッチをした講演者がその体験を共有します。産業界へ挑戦する上で、何に実際困ったのか。どんなことに他の博士取得者は悩んでいるのか。それらの課題をどうやって乗り越えてきたのか。自身の産業界転出1~2年目や、他の博士人材の事例を元にお話しします。大学院生や、ポスドクの方が「博士のキャリアは多様である」と気づくきっかけを提供します。

In my talk, I will share my experience in making career switch after getting Ph.D. Especially, what 30 year old guy, receiving Ph.D. in US, challenged and struggled to fine-tune the way of thinking from academic mode to industry one in Japan. It may help students and postdocs in science and engineering field to recognize how diverse their careers are. Also, I will tell some cases from my colleagues who jumped into the business after getting Ph.D.


講演者のご紹介:
武田隆太
米国オハイオ州立大学にて、病原体の三次構造の研究に従事し、Ph.D.取得。2011年、博士と修士のみで構成される株式会社リバネスに参画。入社以来、研究者向けの人材開発事業の統括を行い、現在はリバネスの海外事業に従事している。特に、研究シーズを元にしたベンチャー発掘・育成プログラム「TECH PLANTER」の海外展開の統括を行う。また、リバネス子会社のLeave a Nest America Incを通して、日本のベンチャーとアメリカのエコシステムの接続にチャレンジしている。

He received Ph.D. from The Ohio State University by investigation of structural property of a plant pathogen. In 2011, Ryuta joined Leave a Nest Co., Ltd., a unique company in Japan composed of Ph.D. and Masters. Since then, he has managed to develop HR training program to nurture communication skills for researchers in Japan. In recent years, he is responsible for international expansion of the company, especially technology based startup acceleration program called TECH PLANTER. He also runs Leave a Nest America Inc.,US branch of the Leave a Nest. In US, he is challenging to bridge Japanese startups and US ecosystem.

続きを読む

自己紹介イベント@UCSFの案内

*** 自己紹介イベント@UCSFのご案内 ***

一年に一度UCSFで開催している自己紹介イベントを、今年は2月16日(木曜)の夜にハウジングコミュニティルームにて開催いたします。

詳細はこちらのリンク先をご参照下さい(昨年の様子も少しご覧になれます)
https://docs.google.com/document/d/1OVQocjXgttO4iWyAuRoRhMOqkwu7Sc8FYFs1fBXW2_Y/edit?usp=sharing

申し込み先:
城戸達雄(UCSF/VA Medical Center)

キャリアプランニングプログラム2016ボストン

 CPP2016 Boston 開催のお知らせ (http://cppweb.jp)
   キャリアプランニングプログラム2016ボストン
=============================
大学院生、ポスドク、研究者のためのキャリアフェア、CPPを以下のようにボストンにて開催します。多数の大学院生、研究者の方々のご参加をお待ちしています。

【日時】11月18日(金)〜11月20日(日)
【場所】The Inn at Longwood Medical(ボストン、米国)
【主催】CPP, LLC. (合同会社シーピーピー)

【キャリアセミナー】11月18日(金) 午前10時〜午後3時
 ・理系大学院生、研究者のためのキャリアプランニング

【ジョブフェア】11月18日(金)午後5時〜11月19日(土)午後6時
 ・企業ガイダンス、パネルディスカッション、交流会(1日目)
 ・各企業による説明会、ブース(2日目)
 ・なお、2日目の午後6時までに会場にて応募をしますと、
  書類審査が行われ、合格者は翌日20日の面接を受けることができます。

【参加企業】第一三共、大日本住友製薬、東レ、オリゴジェン、CPPパーソナル、他

【参加方法】参加は無料です。現地参加とウェブ参加の2通りが選べます。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

【 U R L 】http://cppweb.jp

【注意事項】ジョブフェア3日目の企業が行う採用面接を受けるには、開催2日目までの応募が必要です。早めに参加登録をして事前に必要な情報を入手してください。

■CPPとは?
日本では博士号を取得した若い人が将来アカデミアで仕事に就ける割合が1割という時代になりました。そのために博士号取得者の人生設計は、従来のモデルに頼った方法では難しくなってきています。このCPPは年間を通してグローバルに開催されるキャリアフェアです。世界中に散らばる日本人研究者、日本に就職したい研究者の方々のキャリアを支援するために活動しています。このプログラムに参加すると、日頃忙しくてしているために疎かにしがちな自分自身のキャリアデザインに対して、どのように考えたらよいのか、そしてこれから何をしたらよいのかを把握することができます。
 2005年からスタートしたこのプログラムはこれまで1,000人以上が参加し、プログラム内で開催されるジョブフェアでもこれまで200人以上の研究者が日本の民間企業に就職を決めています。また、このプログラムを出発点として様々なフィールドへと社会進出していく研究者も少なくありません。一人でも多くの大学院生、ポスドクをはじめとする研究者の方々がCPPに参加して、次の時代を生きる研究者としてさらに大きく活躍してほしいと願っています。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード