FC2ブログ

BAS主催UCSFセミナー 3月29日 (金) 19時〜


【BAS主催UCSFセミナー 3月29日 (金) 19時〜】

3月29日(金)に開催するUCSFセミナーでは、帝京大学 医学部 薬理学講座教授の青山 晃治先生に「グルタチオンによる神経保護作用」という演題で御講演いただきます。
青山先生は、脳内におけるグルタチオン(GSH)の重要性について長年研究されてきました。 近年は、神経変性疾患の治療を目指し、マウスモデルを用いて投薬で脳内グルタチオン濃度を上昇させる研究にも取り組まれています。
今回、学会でベイエリアを訪れられるということで、お忙しいスケジュールの中ご講演頂けることになりました。どうぞ奮ってご参加下さい!

=== セミナー詳細 ===
演題名:グルタチオンによる神経保護作用
(英文タイトル:Neuroprotective effect of GSH in the brain.)
演者:青山 晃治 (Koji Aoyama, M.D., Ph.D., Professor)
所属:帝京大学 医学部 薬理学講座
日時:3月29日(金)午後6時半開場、午後7時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5 (軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は3月27日(水)までに、お名前とご所属を記して、城戸までメールでお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口は扇形の階段の左下です。当日はUC holidayで守衛がいない可能性があります。講演開始までは係が扉を開けますが、それ以降は建物に入れなくなります。参加を希望される場合は、必ず事前にご連絡下さい。

講演要旨:
パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患の発現機序には、酸化ストレスの亢進と抗酸化機構の破綻が深く関わっている。これまでの研究では、これらの加齢性神経変性疾患患者の脳内において、抗酸化物質であるglutathione(GSH)の減少が報告されてきた。GSH減少による抗酸化能の低下は、さらなる酸化ストレスの増大を招き、神経変性を引き起こすと考えられる。
GSHはグルタミン酸、システインおよびグリシンから合成されるトリペプチドで、その合成の律速基質はシステインである。システインの神経細胞内への取り込みは、ナトリウム依存性興奮性アミノ酸トランスポーターであるexcitatory amino acid carrier 1(EAAC1)によって媒介される。EAAC1の機能不全は、細胞内GSHの枯渇による酸化ストレスの増大を招き、神経変性を引き起こす。一方で、EAAC1の機能促進は、神経細胞選択的な細胞内GSH産生の増加による神経保護作用をもたらすことが期待される。本セミナーでは、EAAC1蛋白発現の調節因子を介したGSH合成制御機構に焦点を当てて説明したい。

BAS主催UCDセミナー 3月22日(金)午後6時30分〜


【BAS主催UCDセミナー 3月22日(金)午後6時30分〜】


3月22日(金)開催のUCDセミナーでは、特許庁、特許審査官 / Visiting Scholar at Dept. of Biomedical Engineering, UC Davis の中村 勇介さんにご講演いただきます。

みなさま奮ってご参加ください。

講演:「特許制度の紹介」
講演者:中村 勇介(Yusuke Nakamura) さん
所属:特許庁、特許審査官 / Visiting Scholar at Dept. of Biomedical Engineering, UC Davis
日時:3月22日(金)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Building, Conference Room
建物の入口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)までお電話ください。
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は3月22日(金)正午までに村田までお申し込みください。

概要:研究者の方であれば、一度は「特許」について耳にしたことがあるのではないでしょうか?特許について、何となく聞いたことがあっても、詳しくご存知ではない方は多いと思います。今回は、特許制度について簡単に説明し、どのような発明が特許になるのか簡潔に説明させていただきます。

【BAS主催UCDセミナー 2月15日(金)午後6時30分〜】


【BAS主催UCDセミナー 2月15日(金)午後6時30分〜】

2月15日(金)開催のUCDセミナーでは、静岡大学理学部、特任助教 / Visiting Scholar (Dept. of Molecular and Cellular Biology, UC Davis) の伏見圭司さんにご講演いただきます。

みなさま奮ってご参加ください。

講演:「微生物がつくる・ゆに〜くな生体分子 –その構造と機能–」
講演者:伏見 圭司 (Keiji Fushimi) さん
所属:静岡大学理学部、特任助教 / Visiting Scholar at Dept. of Molecular and Cellular Biology, UC Davis
日時:2月15日(金)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Building, Conference Room
建物の入口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田までご連絡ください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は2月15日(金)正午までに村田までお申し込みください。

概要:

微生物は肉眼では観察することができない「小さな生き物」であり、それぞれの環境下で生き抜くための独自の生存戦略をもっています。その戦略を化学的に明らかにしようとした科学者達によって、これまでに数多くの生体分子が発見されてきました。本講演では、微生物(キノコ、シアノバクテリア)が産生するユニークな生体分子やその分子機構についてお話しします。また、その生体分子の構造や機能はどの様にして解析されたのかについても分かりやすくお伝えします。


【セミナー開催報告】
イチゴに共存するフミツキタケより植物ホルモン用物質の新発見並びにその精製法及び合成法、また、シアノバクテリアクロム(シアノバクテリアの光受容体)を用いた光遺伝学(シアノバクテリアクロムを用いた光スイッチ)の開発とその利用についてお話しいただきました。セミナー中も活発な議論がなされ、セミナー後の懇親会でも多数の人が残り将来の利用法やどのように研究者の道を選んだか等、様々な話題に花を咲かせました。

IMG_0316.jpg

IMG_0312.jpg

IMG_0318as.jpg

IMG_0320bs-2.jpg

BAS主催 UCSFセミナー 2月1日(金)18時30分 開催のご案内


【 BAS主催UCSFセミナー 2月1日(金)18時30分~ 】

 2月1日(金)に開催予定のUCSFセミナーでは、Johns Hopkins大学で研究室を主催されている井上尊生先生に「生きた細胞内で力を意のままに発生する手法の開発とその応用」という演題でご講演いただきます。
 井上先生は、2008年よりJohns Hopkins大学で研究室を主催されています。合成生物学(Synthetic Biology)的発想に基づいた細胞内局所シグナルを人為的に操作する手法を独自に編み出され、「細胞走化性の機序解明」や「一次絨毛及び絨毛関連疾患の理解」など多岐にわたる研究を展開されています。(研究室URL: http://pages.jh.edu/~inouelab/index.html

 井上先生には、Stanford大学でポスドクをされていた2007年、およびPIとして独立された後の2014年にも、当セミナーでご講演いただいております。今回、ベイエリアを訪問されるということで、ご多忙の中、最新の研究成果についてご講演いただけることになりました。奮ってご参加ください!

=== セミナー詳細 ===

演題名:「生きた細胞内で力を意のままに発生する手法の開発とその応用(Generating force in living cells at will)」
演者:井上 尊生 (Takanari Inoue, Ph.D., Professor)
所属:Johns Hopkins University School of Medicine, Department of Cell Biology, Center for Cell Dynamics, Institute of Basic Biomedical Sciences
日時:2月1日(金)18時00分開場、18時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Mission Hall, Room MH1400 (1F)
550 16th Street, San Francisco, CA 94158
※今回はMission Hallでの開催となり、通常とは開催場所が異なります。ご留意ください。
参加費:$5(軽食を用意します)※学生無料
講演要旨:追ってご案内致します。
会場の案内:建物の入り口は4th street側です。建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。入館手続きの際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

 参加希望の方は、1月29日(火)までにお名前とご所属をご記入の上、鈴木までメールでお申し込みください。


【セミナー開催報告】
2月1日のセミナーには、22名(講演者と学生を含む)が参加されました。
今回のセミナーでは、細胞内で人為的に力を発生させる新規技術とその応用について、ご講演いただきました。分子生物学的手法を巧みに用いることで、細胞内小器官の形態をダイナミックに操作できる手法はとても刺激的であり、新しく得られた知見や今後の展望について、活発な質疑応答が行われました。講演後には、多くの参加者が、井上先生を交えた意見交換を楽しまれていました。

ご多忙にもかかわらず、ご講演くださった井上尊生先生に、改めまして感謝申し上げます。

DSC02697s.jpg

DSC02692s.jpg

DSC02693s.jpg

★BAS通信★ BAS主催UCDセミナー (11月30日(金)午後6時30分〜) のご案内


【BAS主催UCDセミナー 11月30日(金)午後6時30分〜】

11月30日(金)に開催のUCDセミナーでは、明治大学農学部教授/Visiting Scholar, Agricultural Issues Center, UC Davisの作山巧さんに御講演いただきます。

作山さんは2018年4月より明治大学から1年間の予定で、2019年3月までUC Davisに訪問研究員として滞在中です。今回は作山さんがこれまで日本で得られた研究の成果をお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「トランプ発貿易戦争と貿易政策研究」
講演者:作山 巧 (Takumi Sakuyama)
所属:明治大学農学部教授/Visiting Scholar, Agricultural Issues Center, UC Davis
日時:11月30日(金曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は11月30日(金)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
トランプ大統領が引き金を引いた鉄鋼等への関税の引上げは、米中が互いに報復関税をかけ合う貿易戦争に発展し、アメリカの農産物輸出も深刻な打撃を受けています。この問題はどうしておこったのでしょうか。そして、国際ルール上は米中のどちらに分があるのでしょうか。本セミナーでは、この問題を手かがりに、農産物を中心とする国際貿易に関する私の研究の一端をご紹介します。


【セミナー開催報告】
今回のセミナーには16人が参加しました(学生と講演者を含む)。最近報道されている、アメリカと中国との貿易戦争はどのようにして起こったのか、日本とアメリカとの貿易交渉の行方などを、農作物を例にやさしく解説いただきました。BerkeleyやStocktonからの参加者もあり、通常とは少し異なった演題でしたが、議論も活発に行われ、昨今のアメリカ、中国、日本及びアジア、ヨーロッパの経済政策上の駆け引きを知る上で大変勉強になりました。

IMG_9895(1) (1)

IMG_9898 (1)

IMG_9900 (1)


ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード