BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

今回のUCSFセミナーでは、UCSF Department of Bioengineering and Therapeutic Sciencesに所属されている井上詞貴さんに「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」という演題でお話いただきます。

 井上詞貴さんは、UCSFにて、動物の発生過程や疾患に関わる遺伝子発現の制御機構について研究されています。この度、井上さんは、遺伝子発現制御領域を網羅的に解析する新たな手法を確立し、先日その研究成果を発表されました(Genome Res. 27, 38-52, (2017))。今回のセミナーでは、上述の手法を用いてヒトES細胞の神経分化を解析した研究について、未発表の成果およびこれからのゲノム科学についてお話いただく予定です。奮ってご参加ください。


演題名:「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」
(和文タイトル:超並列レポーターアッセイが紐解く神経分化のデフォルトメカニズム)
演者:井上詞貴 (Fumitaka Inoue, Ph.D.)
所属:Department of Bioengineering and Therapeutic Sciences, UCSF

日時:5月5日(金)午後6時開場、6時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回もスポンサードセミナーとなり、ニプロ株式会社様より食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は5月3日(水)までに鈴木 純二までお申し込みください。


会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
ゲノム上に点在するエンハンサー領域は、遺伝子の発現を時期組織特異的に制御し、その多型は個人差や病気の罹りやすさ、変異は発生異常や遺伝性疾患に関わる。しかしながら、エンハンサーの機能を大規模ハイスループットに解析することが困難であったために、その分子メカニズムの理解は遅れている。近年我々のグループは、レンチウイルスを用いた超並列レポーターアッセイ法 (Lentivirus-based massively parallel reporter assay: lentiMPRA)を確立し、数千から数万のエンハンサーの活性を1度の実験で解析することを可能とした。本研究はさらに、ヒトES細胞からの神経分化のメカニズム(デフォルトモデル)を明らかとするため、神経誘導を制御するエンハンサーをRNA-seq, ChIP-seq, ATAC-seqにより同定し、その活性をlentiMPRAにより解析した。本セミナーではその成果とゲノム科学の現在、展望について議論したい。

BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜】

4月27日(木)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Chemistryの小林 俊一さんに御講演いただきます。

小林 さんは2016年9月より、官民恊働留学支援機構 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの4期生としてUniversity of California Davis, Department of ChemistryにExchange Scholarとして所属され、そのプログラムの終了に伴い日本へ帰国されます。小林さんは昨年度の15th BAS Joint Seminarにてポスター発表して頂きましたが、今回は小林さんがこれまで日本で行ってきた研究の成果を更に詳しくお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計「シアノファクトリの開発」
講演者:小林 俊一(Shyunichi Kobayashi, Ph.D candidate.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis
東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻

日時:4月27日(木曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月27日(木)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
光合成能をもつ藍藻は、光、水、二酸化炭素からエネルギー生産を行えることからバイオ燃料生産ホストとして注目されている。私たちはこの藍藻を用いて、合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計を行い、バイオ燃料の生合成から物質の抽出までの一連のプロセスが人工的に制御される「シアノファクトリ」の開発を行っている。シアノファクトリでは光センシングインターフェイス分子を応用しており、光シグナルによる藍藻の凝集・溶菌といったプロセス制御が可能となる。本セミナーではこのシアノファクトリのコンセプト、メカニズムについて紹介する。

BAS主催UCSFセミナー 9月20日(火)午後7時〜

【 BAS主催UCSFセミナー 9月20日(火)午後7時〜 】

今回のUCSFセミナーではUCSFの駒野-井上清香さんに「State-dependent control of reproductive behavior(体内状態依存的な生殖行動の制御)」という演題でお話いただきます。

駒野さんは東京大学医学系研究科で、睡眠等の行動に伴う嗅覚神経回路の再編について研究し、学位を取得されました。現在はUCSFに留学中で、引き続き神経生理学の研究に従事されています。私達の脳内の神経回路が行動を制御する仕組みを明らかにするため、生殖行動に着目し、性ホルモンが作用する視床下部の神経回路がどのように生殖行動をコントロールするのかを研究されています。

今回、駒野さんの所属されている研究室(Nirao Shah lab)がUCSFからStanford Universityへ移動されることになりました。そこで、UCSFを離れる前にご自身の研究についてお話いただく予定です。是非ご参加ください。

演題名:「State-dependent control of reproductive behavior」
   (体内状態依存的な生殖行動の制御)

演者:駒野-井上 清香  (Sayaka Komano-Inoue)
所属:UCSF (10月よりStanford University)
日時:9月20日(火)午後6時30分開場、7時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Byers Hall, Room 215 (2階)
   1700 4th St, San Francisco, CA 94158
   いつも使用しているRoom N114とは部屋が異なりますのでご注意ください。
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は9月16日(金)までに戸田 聡までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
空腹時、私たちは積極的に食事を行いますが、満腹時には行いません。このように、私たちの行動は体内の状態によって変化します。体内の状態を表すものとしてホルモンが挙げられます。そして、行動のコントロールには脳内の神経回路の活動が深く関わっています。それでは、ホルモンは神経回路にどのように作用し、体内の状態に合わせて行動を変化させるのでしょうか。我々のグループでは、性ステロイドホルモンと、その受容体を持つ視床下部の神経回路に着目し、生殖行動をコントロールする神経回路ロジックの解明に取り組んでいます。本講演では、これまで私が行ってきた解剖学的・生理学的・行動学的解析をまとめ、今後の展望について議論を行いたいと考えています。

続きを読む

【BAS主催UCDセミナー 4月7日(金)午後6時30分〜】

4月7日(金)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Physiology and Membrane Biology の古谷和春さんに御講演いただきます。

古谷さんは2017年冬、大阪大学 大学院医学系研究科 分子細胞薬理学教室よりUCD, Department of Physiology and Membrane Biologyへこられました。今回は古谷さんがこれまで日本で得られた研究の成果をお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「心臓に影響を及ぼす薬物の作用を我々はどのように理解し予測すれば良いか
−抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用:分子機序と不整脈治療における意義−」
講演者:古谷 和春(Kazuharu Furutani, Ph.D.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis

日時:4月7日(金曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月7日(金)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!


(Abstract)

電位依存性K+チャネルであるhERGチャネルを阻害する薬物は、心室筋細胞のIKr電流を抑制し活動電位持続時間を延長することから、抗不整脈作用と薬物性催不整脈リスクの両面から関心が持たれている。第Ⅲ群抗不整脈薬に分類されるamiodaroneやnifekalantはhERGチャネルを阻害することが知られているが、近年、それらの薬物はそのチャネルの膜電位による開口を起りやすくし、活性化閾値付近の膜電位では電流を増加させる作用(ファシリテーション作用)を併せ持つことが分かってきた。本セミナーでは、抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用の分子機序を説明し、それらの不整脈治療における意義について議論したいと思う。

BAS主催UCDセミナー 4月7日(金)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月7日(金)午後6時30分〜】

4月7日(金)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Physiology and Membrane Biology の古谷和春さんに御講演いただきます。

古谷さんは2017年冬、大阪大学 大学院医学系研究科 分子細胞薬理学教室よりUCD, Department of Physiology and Membrane Biologyへこられました。今回は古谷さんがこれまで日本で得られた研究の成果をお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:「心臓に影響を及ぼす薬物の作用を我々はどのように理解し予測すれば良いか
−抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用:分子機序と不整脈治療における意義−」
講演者:古谷 和春(Kazuharu Furutani, Ph.D.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis

日時:4月7日(金曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。
 
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月7日(金)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら! 

(Abstract)
電位依存性K+チャネルであるhERGチャネルを阻害する薬物は、心室筋細胞のIKr電流を抑制し活動電位持続時間を延長することから、抗不整脈作用と薬物性催不整脈リスクの両面から関心が持たれている。第Ⅲ群抗不整脈薬に分類されるamiodaroneやnifekalantはhERGチャネルを阻害することが知られているが、近年、それらの薬物はそのチャネルの膜電位による開口を起りやすくし、活性化閾値付近の膜電位では電流を増加させる作用(ファシリテーション作用)を併せ持つことが分かってきた。本セミナーでは、抗不整脈薬のhERGチャネル阻害作用とファシリテーション作用の分子機序を説明し、それらの不整脈治療における意義について議論したいと思う。
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード