スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAS主催 UCSFセミナー 6月23日(金)18時30分 開催のご案内

【BAS主催UCSFセミナー 6月23日(金)午後6時30分~】

6月23日(金)に開催のUCSFセミナーでは、UCSF, Department of Physiologyの三宅 崇仁さんに「“しびれ”や“冷たく痛い”はワサビ味?〜TRPA1のしびれ・温度感知における役割〜」という演題でご講演いただきます。
三宅さんはこの3月に京都大学大学院薬学研究科で学位を取得され、この5月からUCSFで研究されています。三宅さんは京都大学大学院において「冷たく痛い」感覚がイオンチャネルを介して生じるメカニズムを明らかにし、その成果を発表されました(Nat Commun. 2016;7:12840.)。本セミナーでは、三宅さんの京都大学大学院での成果を詳しく解説していただく予定です。奮ってご参加ください。

演題名:「Does the sense of “shibire” or cold-pain have Wasabi-taste? ~The role of TRPA1 channel in the “shibire” or temperature sensation~ 」
(和文タイトル:“しびれ”や“冷たく痛い”はワサビ味?〜TRPA1のしびれ・温度感知における役割〜)
演者:三宅 崇仁 (Takahito Miyake, Ph.D.)
所属:Department of Physiology, UCSF
日時:6月23日(金)午後6時開場 午後6時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。


準備の都合上、参加希望の方は6月21日(水)までに戸田聡までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

演題概要:
私たちが生きていく上で欠かせない感覚の一つとして、温度覚がある。温度を感じることが出来るのは、さまざまな温度に応答するセンサーを私たちが持っているためであるが、その温度センサーの分子実体として、TRP(transient receptor potential)チャネルと呼ばれるイオンチャネルの一群が大きな役割を果たすと、数多く報告されている。しかし、氷冷水に手を入れた際にじわじわと感じてくる「冷たく痛い」感覚については、未だにその分子実体が明らかではない。本セミナーでは、温度覚の研究分野の現状の一部を紹介すると共に、ある抗がん剤によって副作用として誘発される「冷たくしびれる・痛い」感覚の分子実体として、わさびセンサーとして知られるTRPA1チャネルが関与しうることを示した我々の最近の報告を紹介する。
スポンサーサイト

BAS主催 UCSFセミナー 5月26日(金曜日)18時 開催のご案内

BAS主催UCSFセミナー 5月26日(金)午後6時〜

今回のUCSFセミナーでは、Stanford UniversityのInstitute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicineに所属されている宮西正憲さんに「6 years of experience at Stanford University」という演題でお話いただきます。

 宮西正憲さんは、京都大学医学研究科で学位を取得、同研究科助教を経て、Stanford Universityに留学し、組織幹細胞を用いた再生医学を目指して研究されています。特に造血幹細胞に着目し、昨年、長期造血幹細胞に発現する特異的な遺伝子を同定し、その成果を発表されました(Nature. 530, 223–227 (2016))。さらに、得られた知見の臨床応用を目指すスタートアップを起業されています。今回のセミナーでは、まもなく日本に帰国される宮西さんに、研究成果、起業のプロセス、日本でのポジションの獲得を含む6年間の留学でのご経験をお話いただく予定です。奮ってご参加ください。

演題名:「6 years of experience at Stanford University」
演者:宮西正憲 (Masanori Miyanishi, M.D., Ph.D.)
所属:Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Stanford University
日時:5月26日(金)午後5時30分開場、午後6時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回は、Iwai North America Inc.様に食事の一部を御提供いただきます。

準備の都合上、参加希望の方は5月24日(水)までに戸田聡までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

演題概要:
『留学生活を如何に終えるか?』
留学を始めたばかりの人にとっては、滑稽な質問に聞こえるかも知れません。しかし、この刺激溢れるシリコンバレーでは、時間の流れが通常の2倍も3倍も早く流れ、気が付いた時には留学難民になっている可能性すらあります。留学後のオプションとして、海外での独立、企業への就職など色々とありますが、日本での研究者としてのステップアップを考えておられる方が一番多いのではないでしょうか。しかしながら、成果を挙げた若手研究者の帰国を促し次のステップに進むのをサポートする体制が現在の日本に十分に整っているとは言えないのが現状です。現状を打破し無事日本でのステップアップを果たすため、今から何を準備し、何を獲得していくべきか、6年間のスタンフォード大学留学生活を通して学んできたポイントを踏まえて、お話させて頂きたいと思います。これから帰国を考えておられる方にとって本セミナーが有益になることを願っています。

BAS主催 UC Davis セミナー 5月12日(金曜日)18時30分 開催のご案内


【BAS主催 UC Davis セミナー 5月12日(金曜日)18時30分〜】

今回の、UCDセミナーでは、東北大学大学院医工学研究科からスタンフォード大学のByers Center for Biodesignに留学されています。瀧 宏文さんにご講演いただきます 瀧さんは、医師免許取得後、バイオエンジニアリングの道に進まれるというユニークな経歴をお持ちです。
講演では、ご自身が研究されてきたレーダー技術の医療機器開発に加え、日本の大学が産業界
とともに行う、医療機器のイノベーションリーダーを育成するジャパン・バイオデザインについてもお話しいただきます。
この貴重なお話しが聴ける機会に、皆さま、奮ってご参加下さい!

題名:「医療機器開発と次世代イノベーターの育成:ジャパン・バイオデザインによる人材育成プログラムと、レーダー技術の医療機器開発への応用」
   Health technology innovation and human resource development: nurturing of human resource in Japan Biodesign and medical device innovation using Radar techniques
演者:瀧 宏文(Hirofumi Taki, Ph.D., M.D.)
所属:Byers Center for Biodesign, Stanford University
   東北大学大学院医工学研究科

日時:5月12日(金曜日)18時00分開場、18時30分講演開始
場所:UC Davis Plant Reproductive Biology Building Conference Room, Davis, CA 95616
   https://goo.gl/maps/wxLum4AQh5P2
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)までお電話ください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加ご希望の方は5月11日(木曜日)までに UC Davis BAS までお申し込み下さい。

演題要旨:
スタンフォード・バイオデザインは、デザイン思考をもとにした医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムとして2001年に開始した。ジャパン・バイオデザインプログラムは、スタンフォード・バイオデザインで指導者研修を受けた各大学・産業界の講師が担当し、約1年で医療現場のニーズを出発点とする試作品を開発するだけでなく、開発の初期から事業化の視点で検証しイノベーションを生み出すことを特徴としている。本セミナーでは本プログラムを紹介するとともに、レーダー・携帯電話通信技術として実用化されている適応型ビームフォーミングを応用した、医用超音波イメージングの超高解像度化について概説する。

続きを読む

BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

BAS主催UCSFセミナー 5月5日(金)午後6時30分〜

今回のUCSFセミナーでは、UCSF Department of Bioengineering and Therapeutic Sciencesに所属されている井上詞貴さんに「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」という演題でお話いただきます。

 井上詞貴さんは、UCSFにて、動物の発生過程や疾患に関わる遺伝子発現の制御機構について研究されています。この度、井上さんは、遺伝子発現制御領域を網羅的に解析する新たな手法を確立し、先日その研究成果を発表されました(Genome Res. 27, 38-52, (2017))。今回のセミナーでは、上述の手法を用いてヒトES細胞の神経分化を解析した研究について、未発表の成果およびこれからのゲノム科学についてお話いただく予定です。奮ってご参加ください。


演題名:「Decoding neural default mechanism by massively parallel reporter assay」
(和文タイトル:超並列レポーターアッセイが紐解く神経分化のデフォルトメカニズム)
演者:井上詞貴 (Fumitaka Inoue, Ph.D.)
所属:Department of Bioengineering and Therapeutic Sciences, UCSF

日時:5月5日(金)午後6時開場、6時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回もスポンサードセミナーとなり、ニプロ株式会社様より食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は5月3日(水)までに鈴木 純二までお申し込みください。


会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
ゲノム上に点在するエンハンサー領域は、遺伝子の発現を時期組織特異的に制御し、その多型は個人差や病気の罹りやすさ、変異は発生異常や遺伝性疾患に関わる。しかしながら、エンハンサーの機能を大規模ハイスループットに解析することが困難であったために、その分子メカニズムの理解は遅れている。近年我々のグループは、レンチウイルスを用いた超並列レポーターアッセイ法 (Lentivirus-based massively parallel reporter assay: lentiMPRA)を確立し、数千から数万のエンハンサーの活性を1度の実験で解析することを可能とした。本研究はさらに、ヒトES細胞からの神経分化のメカニズム(デフォルトモデル)を明らかとするため、神経誘導を制御するエンハンサーをRNA-seq, ChIP-seq, ATAC-seqにより同定し、その活性をlentiMPRAにより解析した。本セミナーではその成果とゲノム科学の現在、展望について議論したい。

続きを読む

BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜

【BAS主催UCDセミナー 4月27日(木)午後6時30分〜】

4月27日(木)に開催のUCDセミナーでは、UCD, Department of Chemistryの小林 俊一さんに御講演いただきます。

小林 さんは2016年9月より、官民恊働留学支援機構 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの4期生としてUniversity of California Davis, Department of ChemistryにExchange Scholarとして所属され、そのプログラムの終了に伴い日本へ帰国されます。小林さんは昨年度の15th BAS Joint Seminarにてポスター発表して頂きましたが、今回は小林さんがこれまで日本で行ってきた研究の成果を更に詳しくお話しいただきます。

みなさま、奮ってご参加ください。

講演:合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計「シアノファクトリの開発」
講演者:小林 俊一(Shyunichi Kobayashi, Ph.D candidate.)
所属:Department of Physiology and Membrane Biology, UC Davis
東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻

日時:4月27日(木曜日)18:00開場、18:30講演開始
会場:UC Davis Plant Reproductive Biology Bldg, Conference room
建物の入り口には案内係を配置しますが、もし入ることができなければ村田(408-687-4225)まで電話をください。

参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は4月27日(木)正午(12:00)までに村田までお申し込み下さい。

詳しくはこちら!

(Abstract)
光合成能をもつ藍藻は、光、水、二酸化炭素からエネルギー生産を行えることからバイオ燃料生産ホストとして注目されている。私たちはこの藍藻を用いて、合成生物学的アプローチに基づくバイオプロセス設計を行い、バイオ燃料の生合成から物質の抽出までの一連のプロセスが人工的に制御される「シアノファクトリ」の開発を行っている。シアノファクトリでは光センシングインターフェイス分子を応用しており、光シグナルによる藍藻の凝集・溶菌といったプロセス制御が可能となる。本セミナーではこのシアノファクトリのコンセプト、メカニズムについて紹介する。

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。