BAS主催 UCSFセミナー 11月17日(金)18時30分 開催のご案内


【 BAS主催UCSFセミナー 11月17日(金)午後6時30分 ~ 】

11月17日(金)に開催のUCSFセミナーでは、Stanford University、Department of Bioengineeringの永島一樹さんに「IgA産生と腸内細菌叢の多様性を制御するM細胞誘導細胞(M cell inducer cell)の発見」という演題でご講演いただきます。

永島さんは東京大学医学部医学科にてMDを取得後、東京大学大学院医学系研究科免疫学教室に進学され、今年の3月にPhDを取得されました。この9月より、Stanford UniversityにPost-Doctoral Research Fellowとして留学し、研究されています。永島さんは、東京大学大学院において腸内細菌と腸管免疫系の相互作用について研究され、腸管免疫応答を制御する間葉系細胞を新規に同定されました(Nat Immunol, 2017 and Biochem Biophys Res Commun, 2017)。本セミナーでは、その成果と今後の研究の展開についてお話いただきます。奮ってご参加ください。

演題名:「Identification of M cell inducer (MCi) cells that induce IgA and diversify gut microbiota」
(和文タイトル:IgA産生と腸内細菌叢の多様性を制御するM細胞誘導細胞(M cell inducer cell)の発見)
演者:永島 一樹 (Kazuki Nagashima, M.D. Ph.D.)
所属:Department of Bioengineering, Stanford University
日時:11月17日(金)午後6時開場 午後6時30分開演
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
     600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は11月15日(水)までに鈴木純二までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

演題概要:
 哺乳類の消化管には無数の腸内細菌が生着しており、宿主が腸内細菌に対して繁殖の場と栄養素を与える一方で、腸内細菌は消化の補助、有害な代謝物の解毒、病原菌生着の阻害を行うという共生関係が成立している。宿主の腸管免疫系は、単に細菌の侵入を妨害するだけでなく、腸内細菌叢の制御にも関与する。宿主の遺伝的素因や環境要因の複合的な作用によって、腸管免疫系による腸内細菌叢の制御機構が破綻すると、炎症性腸疾患や、栄養失調・易感染性・代謝性疾患をはじめとする全身症状を引き起こすと考えられている。このため、腸内細菌と腸管免疫系の相互作用は、現在、注目を集めている研究分野の一つである。
 これまでの研究によって、腸管のパイエル板が、腸管免疫の主要な場として機能することが明らかにされている。パイエル板にはMicrofold (M)細胞という上皮細胞が存在しており、細菌抗原を取り込み免疫細胞に提示することで、免疫グロブリン(IgA)の産生を誘導することが知られている。しかしながら、M細胞がパイエル板に誘導される機構は、これまでの研究では明らかにされていなかった。我々は、近年の研究により、上皮下ドーム領域内において、これまでに知られていない新規の間葉系細胞を同定した。さらに、この細胞が、サイトカインの一種であるRANKLを介して腸管上皮細胞と相互作用しており、ケモカインの産生やM細胞の分化を誘導することを明らかにした。M細胞誘導細胞として機能するこの細胞は、腸内細菌に対するIgAの産生を促進し、腸内細菌の多様性の維持を担う重要な細胞であり、炎症性腸疾患をはじめとする腸管免疫系の異常に伴う病態の理解とその治療法の解明につながることが期待される。

BAS合同セミナー開催のお知らせ(プログラムが決まりました!)


いよいよ来週末になりました、今年も年に一度の合同セミナーを10月21日(土) UCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!
合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表して頂くとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。

【開催予定日】
10月21日(土)開場12:40、講演開始13:00


【プログラム】
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
13:00 ~  Opening Address

13:10 ~ 14:10 Oral Presentation, Session-1
  ・「心血管系の新たな起源としての羊膜原基」 淺井 理恵子(UCSF, 東京大学)
  ・「3Dカメラを用いた摂食嚥下機能検査システムの開発」 佐藤 秀夫(Stanford Univeristy)
  ・「視床下部におけるレプチン応答ゲノム解析」 井上 詞貴(UCSF)

14:10 ~ 14:20 Break

14:20 ~ 15:20 Oral Presentation, Session-2
  ・「DNAバーコーディングのデータから外来種と在来種を判別する」 鈴木 紀之(UC Berkeley)
  ・「ナギナタソウとセアノサスのトランスクリプトームを用いた根粒共生の相同性の解明」 辻井 快(UC Davis)
  ・「日本人研究者向けJSPSプログラム」 日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター

15:20 ~ 15:35 Activity Summary of Bay Area Seminar

15:35 ~ 15:45 Break

15:45 ~ 16:45 Invited Lecture*
  「環境変動と魚竜類の進化。海洋を侵略した最初の肺呼吸型四足動物」
   藻谷亮介(Professor, Department of Geology, UC Davis)
   御講演内容はコチラ

16:45 ~ 16:55 Break

16:55 ~ 17:55 Oral Presentation, Session-3
  ・「ムスカリンM2受容体に対する部分活性化薬の作用と制御」 古谷 和春(UC Davis)
  ・「性決定遺伝子の異所的な発現は生後の発生を妨げる」 城戸 達雄(UCSF)
  ・「JIP1b-KLC1相互作用によるAPP軸索輸送制御」 千葉 杏子(UC Davis)

18:00 ~ 20:00 Social Gathering
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

【会場】
UCSF, Mission Bay Campus, Genentech Hall,
600 16th St, San Francisco, CA 94158
Google map
・セミナー会場:N114(1階)
・懇親会会場 :Atrium(1階)

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。
また、会場は寒い場合があります。上着の用意をおすすめします。


【交通・駐車場】
UCSFには複数の駐車場がありますが、駐車料金が少し高いです($4/hr)。4th St.上にも幾つか有料のParking lotがあります。
公共交通機関の利用もご検討下さい。

Parking garages:
 1625 Owens St.= https://goo.gl/maps/4mymfAKVCQA2
 1835 Owens St.= https://goo.gl/maps/bNr3Rmcqx7D2
Caltrain: San Francisco Stationから徒歩10分程度。
SFMTA: Bart-16th St.&Mission Station からMuni Bus Line#55で16th St.&4th St. stopへ。


【参加費】
 参加者(発表者以外): $10
 学生        : $5
(懇親会費を含みます。当日、会場受け付けで集めさせて頂きます。)


【参加申込先】
参加をご希望の方は、下記のフォームから御申込み下さい。
https://goo.gl/forms/7ljxv5uZjaK0FTmP2


ベイエリアで研究・仕事をされる方達が一同に会する年に一度のイベントに奮ってご参加下さい!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

【2017年度BAS合同セミナー開催報告】

先週土曜日(10月21日)に、UCSFのGenentech Hallにて2017年度BAS合同セミナーが開催されました。様々な大学・研究機関・企業などから45名(発表者と学生1名を含む)が参加される盛況なセミナーとなりました。
招待講演をはじめバラエティーに富んだ発表に多くの質問やコメントが飛び出し、質疑応答が予定時間を超えてしまうこともシバシバでした。また、学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター(JSPS)からは、海外で活躍する日本人研究者に向けての研究費について幾つかご説明いただきました。発表後の懇親会では、参加者の皆さんが様々な話題に花を咲かせて歓談を楽しまれていました。
当日の様子は、コチラからご覧になることができます。
(掲載に問題がある場合はご連絡下さい)

改めまして、貴重なお時間を割いて御講演くださった藻谷先生、発表者の皆さま、ご参加くださった皆さま、そしてサポートくださった皆様にお礼申し上げます。
今後も多くの方達に興味を持って頂けるようなセミナーを企画していきますので、是非多くの方々にご参加頂ければと願っております。

BAS主催 UCSFセミナー 9月29日(金)18時30分 開催のご案内

【 BAS主催UCSFセミナー 9月29日(金)午後6時30分 ~ 】

 9月29日(金)に開催のUCSFセミナーでは、Stanford大学Otolaryngologyの久保田万理恵さんに『ムンプスウイルスと糖鎖受容体---「鍵」と「鍵穴」はどのようにかみ合っているのか』という演題でご講演いただきます。奮ってご参加ください。

演題名:「Mumps virus and its glycan receptors 」
(和文タイトル:ムンプスウイルスと糖鎖受容体---「鍵」と「鍵穴」はどのようにかみ合っているのか)
演者:久保田万理恵 (Marie Kubota, MD-Ph.D.)
所属:Department of Otolaryngology, Stanford
日時:9月29日(金)午後6時開場 午後6時30分講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料
*今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は9月27日(水)までに戸田聡までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。



【セミナー開催報告】
9月29日のUCSFセミナーでは、久保田 万理恵さんにご講演いただきました。ウイルスの感染メカニズムに関する研究で、セミナーの中では活発に議論が行われ、参加された基礎・医療・企業の研究者の皆様にも非常に有意義なセミナーと感じて頂けたのではないかと思います。
今回のセミナーの参加者は22名(講演者と学生2名を含める)でした。また、スポンサーとしてニプロ株式会社様より食事の一部を提供いただきました。あらためまして、貴重なお時間を割いてご講演くださった久保田 万理恵さん、スポンサーのニプロ株式会社様に、御礼申し上げます。

遠心機のリコール情報

トミー精工社製の遠心機に不具合が見つかったそうです。
もし使われている場合は、こちらの情報を参照下さい:
http://bio.tomys.co.jp/news/2017/06/post-103.html

求人情報

(1)
UCSF Kajimura labから今度、来年4月からアルバートアインシュタイン医科大学で独立される篠田さんからのポスドク募集です。
ポスドク募集案内のリンク:
http://www.kenkyuu.net/classified/2017/07/2017-07-21.html

アルバートアインシュタインは、ニューヨーク近郊にある医科大学で、研究のレベルは非常に高いです。
私のラボは、全米に10拠点あります、糖尿病センター(The Einstein-Mount Sinai Diabetes Research Center)内にあり、最先端の代謝研究ファシリティへのアクセスがあります。
弊ラボは、スタートアップ資金に加え、NIHからのR00グラントのサポートがあり、ポスドクの方に、思う存分腕をふるってもらえる環境を用意します。
今年か来年に修了予定で、海外でトップジャーナルを目指すガッツのある学生さんがお知り合いにいましたら、転送していただけますと幸いです。
研究の方向性としては、下記のアブストラクト(英文)を見てもらえますと、イメージがつかめると思います。
http://grantome.com/grant/NIH/K99-DK110426-01://
よろしくお願いいたします!

篠田幸作


(2)
名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野から特任助教・博士研究員募集案内です。

詳細につきましては、こちらの添付書類をご覧下さい:
https://drive.google.com/file/d/0Bz8wSRuNCzjaYU9vQTBOcFN5bDg/view?usp=sharing

当研究室では、慢性炎症の観点より生活習慣病の成因の解明と新しい治療戦略の開発を目指した分子医学的研究を進めています。
現在、医学、農学、薬学などのバックグラウンドを有するメンバーが集まり、臨床応用を目指した基礎医学研に取り組んでいます。
研究内容の詳細は、研究室HPをご参照下さい。
http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/4/mmm/index.html
ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar は生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています (アルファベット順)

・ CarnaBio USA
・ SanBio
・ TORAY
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード