FC2ブログ

BAS x UCSF日本人医師の集い 共催 UCSFセミナー 1月17日(金) 午後7時00分~

【BAS x UCSF日本人医師の集い 共催 UCSFセミナー 1月17日(金) 午後7時00分~】

1月17日(金)に開催予定のUCSFセミナーでは、UCSF, Diabetes center所属の松崎 潤太郎さんに「血中マイクロRNA診断研究の現状と未来」という演題でご講演いただきます。

松崎さんは2005年に慶應大学医学部にてMDを取得後、消化器内科医として研鑽を積まれました。2013年に慶応大学医学系研究科でPhDを取得された後、2015年から2019年まで国立がん研究センターで研究員を務め、血中のマイクロRNAを用いたがんの早期診断法の開発などの研究に従事されました。2019年の夏から、UCSF Diabetes CenterのMacmanus Labにポスドクとして赴任されています。

本セミナーでは、松崎さんがこれまで日本で取り組まれていた、血中マイクロRNAによるがん診断の最前線についてお話いただく予定です。なお、今回はBASとUCSF日本人医師の集いの共催企画となります。 どうぞ奮ってご参加ください!

=== === === セミナー詳細 === === ===

演題名:血中マイクロRNA診断研究の現状と未来
         (Circulating microRNA diagnostics: recent progress and perspective)
演者:松崎 潤太郎 (Juntaro Matsuzaki, MD Ph.D, Postdoctoral Scholar)
所属:UCSF, Diabetes Center, Mcmanus lab

日時:1月17日 (金) 午後6時半開場、午後7時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Mission Hall, Room MH-1400 (1F)
         550 16th Street, San Francisco, CA 94158
会場の案内:
今回はMission Hallでの開催です。通常とは開催場所が異なりますので、ご留意ください。建物の入り口は4th street側です。建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。入館手続きの際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。
参加費:$5 (軽食を用意します) ※学生無料
*今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。

準備の都合上、参加希望の方は1月15日(水)までに鈴木までメールでお申し込みください。

演題概要:
がんの征服は人類の悲願であり、そのためにがんの一次スクリーニングの効率化は不可欠です。この課題克服にむけて日本では、2014年から2019年にかけて国立がん研究センターを中心として「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクト」という大規模な研究開発が行われました。既存のバイオバンクを用いて、卵巣癌、神経膠腫、肉腫などの稀な悪性疾患を含む13種類の固形がんの患者から10,000を超える血清を収集し、全検体のマイクロアレイ網羅分析を実施しました。このデータからみえてきた血清miRNA診断の実現可能性、および克服すべき課題、それを踏まえての米国での自分の挑戦も含めて、この場を借りてご紹介できればと思います。


【セミナー開催報告】

今回のセミナーには、総勢35人の方々にご参加いただきました。セミナーでは、松崎先生が血中のマイクロRNAを用いたがん診断に注目するに至った経緯に始まり、マイクロRNAを用いたがん診断の最前線と現状の限界について解説していただきました。講演の終盤には、これまでに得られたデータをより深く理解するために、今後どのような方向性で研究を展開する必要があるかについても解説いただきました。臨床から基礎まで幅広い視野を持ち、大きな枠組みで研究活動を展開されている姿がとても印象的でした。講演後には、参加者の方達から活発な質疑が行われるなど、活気のあるセミナーとなりました。

ご多忙にもかかわたずご講演くださった松崎潤太郎先生に、改めて感謝申し上げます。また今回のセミナーでは、食事の一部をニプロ株式会社様にご提供いただきました。厚く御礼申し上げます。

DSC03267s.jpg

DSC03273s-2.jpg

その他の写真はコチラ

BAS主催UCDセミナー 1月10日(金)18:30〜

【 BAS主催UCDセミナー 1月10日(金)18:30〜 】

1月10日(金)開催のUCDセミナーでは、カリフォルニア大学バークレー校 ロー・スクール客員研究員丸山泰弘さんにご講演いただきます。

演題名:「なぜ薬物政策は合法化の流れにあるのか」
演者:丸山泰弘、博士(法学)
所属:立正大学法学部 准教授(刑事法)/カリフォルニア大学バークレー校 ロー・スクール 客員研究員

日時:1月10日(金)18:00開場、18:30講演開始
会場: UC Davis Plant Reproductive Biology Building, Conference Room
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は1月10日(金)正午までに村田までお申し込みください。

要旨:
近年、薬物犯罪に対する刑事司法制度に大きな変化が見られる。例えば、刑事施設における特別改善指導の導入や社会内処遇と平行して行う刑の一部執行猶予制度などが挙げられる。このように薬物使用者に対する政策は、従来の厳罰化一辺倒で対応されていた時代から、「より治療的」で、「より福祉的」であるとして、薬物使用者に対する向き合い方に変化をもたらしている。未だに「ダメ。ゼッタイ。」教育を前提とし、厳罰な刑事罰によって薬物使用を制限しようとする日本においても、どのように刑罰と治療の関係を構築するかが今後の大きなムーヴメントの1つとして注目されている。
しかし、刑事司法において「トリートメント」を行うことにも依然として問題は残されている。いわゆる、刑罰として回復支援を行おうとする日本の制度では、「刑事司法の枠内であっても本人の同意が必要である」とする国連の最低基準規則に反すると同時に、過去の責任ある行為(犯罪行為)に対して科されるものが「刑罰」であるとされる「犯罪と刑罰」の関係だけでなく、将来に起こすかもしれない犯罪を予防するために治療という名の刑罰が利用されるという「保安処分」論との相違が検討される必要があろう。
一方で、国際的には、日本とは全く異なる薬物政策を行なっており、大きく分けて2通りの取り組みが見られる。主に刑事司法の枠組みにおいて、いかに回復プログラムにつなげるかを模索しているアメリカが主導するドラッグ・コート(薬物専門裁判所)型と、刑罰による薬物規制に限界を認め、いかに存在する害悪を減少させるかに舵を切ったヨーロッパのハーム・リダクション型である。
そこで、本報告では、現在の日本の薬物政策の問題点を外観し、刑事司法で回復支援を試みるアメリカの政策と、刑事罰に依存することを諦めたヨーロッパ諸国の薬物政策とを比較し、なぜ世界の薬物政策は合法化の流れにあるのかを検討したい。

BAS合同セミナー2019開催のお知らせ(発表者一覧をアップデート!)

【 BAS合同セミナー開催のお知らせ(今月26日開催!!) 】

2019年、今年も、年に一度の合同セミナーを10月26日(土) UCSF Mission Bay Campusにて開催いたします!
合同セミナーでは、ベイエリアの大学や企業で研究されている皆様に、各々の研究やアイデアについて発表していただくとともに、学術的情報交換や交流を図っていただいております。セミナー後の懇親会はネットワーキングに最適です。奮ってご参加下さい!

昨年の合同セミナーの様子:
 https://photos.app.goo.gl/7XPXUN294ncXBtyH7

【開催日時】
10月26日(土)12時40分に開場、13時に講演開始

【内容】(プログラムは下に掲載しています)
(1)特別講演:
   Yoshikazu Takada, MD, PhD (Professor, UC Davis)
   『細胞増殖因子のコ-レセプターとしてインテグリンの機能』
  講演要旨は下を参照下さい。

(2)口頭発表:
   ・小林 博文 (Chan Zuckerberg Biohub)
    『無標識明視野画像による全血中のがん細胞薬剤応答評価』
   ・山城 義人 (筑波大学)
    『Matrix mechanotransduction mediated by thrombospondin-1/integrin/YAP signaling pathway in the remodeling of blood vessels』
   ・平野 博人 (UC Davis)
    『植物を使った医療用タンパク質の生産検討』
   ・田鍬 修平 (Stanford University)
    『シャペロン曼荼羅からみるフラビウイルス生活環のアキレス腱』
   ・藤森 大平 (Stanford University)
    『アメーバ界の多細胞体構築:集団的細胞運動に基づく自己組織的パターン形成』
   ・Seungjae Shin (筑波大学)
    『Role of PAR1-Egr1 in the initiation of Thoracic Aortic Aneurysm in human and Fibulin-4 deficient mice』
   ・千歳雄大 (UCSF)
    『海馬歯状回顆粒細胞と苔状細胞の生理学的特徴と場所情報表現の違い』

(3)懇親会

【会場】
UCSF, Mission Bay Campus Genentech Hall
(600 16th St, San Francisco, CA 94158)
 セミナー会場:一階 N114教室
 懇親会会場:一階 Atrium
 地図= https://blog-imgs-123-origin.fc2.com/b/a/y/bayareaseminar/MAP.jpg

【参加費】(懇親会費を含みます)
 参加者(発表者以外): $10
 学生        : $5
 発表者       : 原則無料
 *今回は、ニプロ株式会社様から食事の一部を御提供いただく予定です。

【参加申し込み方法】
締め切りました。ご参加ありがとうございました。

#プログラム#-------------------------------
13:00〜13:10 Opening Address

13:10〜14:10 Oral Presentation, Session (1)
[O-1] “アメーバ界の多細胞体構築:集団的細胞運動に基づく自己組織的パターン形成”
    藤森 大平 (Stanford University)
[O-2] “植物を使った医療用タンパク質の生産検討”
    平野 博人 (UC Davis)
[O-3] “無標識明視野画像による全血中のがん細胞薬剤応答評価”
    小林 博文 (Chan Zuckerberg Biohub)

14:10〜14:25  Break

14:25〜15:05 Oral Presentation, Session (2)
[O-4] “シャペロン曼荼羅からみるフラビウイルス生活環のアキレス腱”
    田鍬 修平 (Stanford University)
[O-5] “Role of PAR1-Egr1 in the initiation of Thoracic Aortic Aneurysm in human
  and Fibulin-4 deficient mice”
    Seungjae Shin (筑波大)

15:05〜15:20  Activity Summary of the Japanese SF Bay Area Seminar
15:20〜15:35  Break

15:35〜16:30 Oral Presentation, Session (3)
[O-6] “海馬歯状回顆粒細胞と苔状細胞の生理学的特徴と場所情報表現の違い”
    千歳 雄大 (UCSF)
[O-7] “Matrix mechanotransduction mediated by thrombospondin-1/integrin/YAP
    signaling pathway in the remodeling of blood vessels”
    山城 義人 (筑波大)
[JSPS] “日本人研究者向けJSPSプログラム紹介”
    伊藤 真和 (日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター 副センター長)

16:30〜16:45  Break

16:45〜17:45 Invited Lecture
   “細胞増殖因子のコ-レセプターとしてインテグリンの機能”
   高田 義一 (Yoshikazu Takada, Professor, UC Davis)

17:45〜18:00  Closing Remarks

18:00〜  Social Gathering
---------------------------------------------------------------------------------------------

#特別講演の講演要旨#
高田 義一 (Yoshikazu Takada, MD, PhD)
Professor
Department of Biochemistry and Molecular Medicine
UC Davis School of Medicine

『細胞増殖因子のコ-レセプターとしてインテグリンの機能』
インテグリンは細胞表面にある巨大なタンパク質群で、細胞外接着分子(ECM、コラーゲンなど)の受容体ファミリーです。演者は1986年に渡米しダナファーバー研、ボストンで客員助教授としてこれらの人組織からの最初の精製、遺伝子クローニング、リガンドの同定などをおこないました。1990年からスクリプス研(ラホヤ)で独立してそれ以降インテグリン生物学を研究しています。2003年からデービスに移りました。インテグリンとは何かをお話しし、それから現在の仕事を紹介したいと思います。最近ECMの受容体である以外にインテグリンが多くの細胞増殖因子(例えばFGF, IGF, CD40L)に結合し、その結果インテグリン・増殖因子・増殖因子受容体 複合体を形成することを見つけました(複合体モデル)。インテグリンに結合できない増殖因子変異体が拮抗阻害すること、さらにそれらが抗がん作用や抗炎症作用があることがわかりました(デコイ)。現在さらに他の増殖因子のデコイ を作ること、デコイの臨床応用を目指しています。しかし、複合体モデルは今の増殖因子の作用機構の定説と合わないため苦労をしています。そのため複合体モデルをさらに深めるために構造生物学グループとの共同研究に力を入れています。時間があれば、米国の主要な研究所をいくつか見てきたこととか、長く主任研究員(PI)をしていて体験したこととかお話します。


【セミナー開催報告】

DSC_0136s.jpg

DSC_0128s.jpg

DSC_0163s.jpg

その他の写真はコチラ

BAS主催UCSFセミナー 9月20日(金)午後6時30分〜


【BAS主催UCSFセミナー 9月20日(金)午後6時30分〜】

9月20日(金)に開催予定のUCSFセミナーでは、UCSF Department of Cellular and Molecular Pharmacologyの戸田聡さん(Postdoctoral Scholar)に「合成組織形成:自己組織化により生じる多細胞構造の人工的作製」という演題でご講演いただきます。

戸田さんは京都大学大学院医学研究科にて2014年にPhDを取得された後、2015年からUCSFにポスドクとして赴任し、この間に学振海外特別研究員やHuman Frontier Science Program (HFSP) Long-Term Fellowshipなどを務められました。また、この10月からは金沢大学ナノ生命科学研究所で研究室を主宰されます。本講演では、昨年にScience誌にも発表されたUCSFでの研究成果を中心に、日本のアカデミックポジションへの就活のご経験などもシェアしていただく予定です。

セミナーではライフサイエンスのトピックを多く扱っていますが、生命科学系専攻ではない方など幅広いバックグランドの方のご参加もお待ちしています。セミナーの後にはちょっとした懇親会もあり、参加者の皆さんには知り合いを増やしたり日本語での雑談を楽しんだりして頂いています。

どうぞお気軽にご参加下さい!

=== === === セミナー詳細 === === ===
演題名:合成組織形成:自己組織化により生じる多細胞構造の人工的作製
(Synthetic Tissue Formation: Programming Multicellular Self-organization)
演者:戸田聡 (Satoshi Toda, Ph.D, Postdoctoral Scholar)
所属:カリフォルニア大学サンフランシスコ校
日時:9月20日(金)午後6時開場、午後6時半時講演開始
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114(一階)
   600 16th St, San Francisco, CA 94158
参加費:$5 (軽食を用意します)、学生無料


準備の都合上、参加希望の方は9月17日(火)までに津久井達哉までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。


演題概要:
細胞は、様々な分子を使って近くにいる細胞とシグナルをやり取りする、つまりコミュニケーションすることで、細胞集団のふるまいを制御することができます。これにより、複雑な構造をした組織の形成・再生が行われます。では、どのような細胞間コミュニケーションを行えばどのような多細胞構造を形成することができるでしょうか。本研究では、モデル生物や幹細胞を用いるのではなく、組織形成能のない細胞に新たな細胞間コミュニケーションを設計し,実際に細胞による組織形成過程をつくり出して検証しています。細胞の挙動を自在に操作して様々な構造を形成することができれば、組織構造の形成原理の理解に加えて、単細胞生物が多細胞生物へと進化するための十分条件の探索や組織修復を目指した再生医療などに役立つと考えられます。本セミナーでは、UCSFで得られた研究結果と今後の展望、および、残りの時間で私の就活での個人的な経験をシェアして、将来的に日本に帰国して研究を続けることを考えていらっしゃる方に少しでも参考になれば幸いです。

【セミナー開催報告】

9月20日のUCSFセミナーでは、UCSF, Department of Cellular and Molecular Pharmacologyに所属されている戸田 聡さんに、「合成組織形成:自己組織化により生じる多細胞構造の人工的作製」(Synthetic Tissue Formation: Programming Multicellular Self-organization)という演題でお話いただきました。多細胞生物は複雑な細胞間相互作用の機構を持ち、細胞同士が互いに情報を伝達しながら様々な構造や機能を持つ組織を作っています。戸田さんは合成生物学の手法を用い、人工的に生体のシステムを試験管内で作り出すことで、生命の仕組みを理解する研究を行っています。本講演では、戸田さんが所属する研究室で開発されたsynthetic notch receptor system (synNotch)を用い、外部シグナルを受容するとカドヘリン遺伝子発現を誘導するシンプルなシステムを細胞に取り入れることで、多層構造の球体(spheroid)や非対称構造を持つ球体を作製できることを明らかにした研究を紹介していただきました。質疑応答も活発に行われました。また、後半は日本での独立研究者ポジションへアプライし、職を得るに至った経験もシェアしていただき、充実した講演内容となりました。
今回のセミナーの参加者は24名でした(発表者と学生を含む)。戸田さんは長い間BASの幹事としてもご尽力いただきました。帰国前のお忙しい合間を縫ってご講演頂いた戸田さんに感謝を申し上げると同時に、日本での益々のご活躍をお祈りしています。

DSC03192s.jpg

DSC03198s.jpg

BAS主催 UC Davis BBQ 9月22日(日)午後3時〜


【 BAS主催 UC Davis BBQ 9月22日(日)午後3時〜 】

今年もDavisにて、研究者の交流を目的としたバーベキューを行います。毎年Davis内外から30-40人ほどの方が集まりますので、ネットワーキングに良い機会だと思います。是非ご家族やご友人等、お誘い合わせの上気軽にお越しください!

日時:9月22日(日曜日) 午後3時から7時頃まで
場所:未定
内容: BBQパーティー
会費:$10(お子さんと学生は無料)

お願い:食材はこちらで用意いたしますが、飲み物が十分に用意できませんので、各自飲む程度の量の飲み物(お酒、ジュース等)をご持参ください。食べ物の差し入れも大歓迎です。

場所と食材の手配がありますので、参加ご希望の方は、少し早いですが 9月5日(木) までに村田宛てにメールをいただけますようよろしくお願いいたします。

よろしければ、お知り合いの研究者の方々にも回覧してください。よろしくお願いします。

UC Davis幹事:村田、提嶋、平野、中島

続きを読む

ベイエリアセミナーとは
Japanese San Francisco Bay Area Seminar (略称: BAS)は、生物学・医学に関するセミナー開催を中心的な活動として研究者支援を行っている非営利団体です。

 
賛助会員一覧
こちらの企業の皆さまに活動をご支援いただいています。
(アルファベット順)
 
メーリングリスト登録
登録して頂きますと、当会のセミナーやイベント情報などをメールでご案内いたします。
 
カテゴリ
 
リンク
 
最新記事
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
QRコード